根本崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
根本 崇
ねもと たかし
生年月日 (1945-09-22) 1945年9月22日(75歳)
出生地 千葉県野田市
出身校 東京大学法学部法律学科
所属政党 無所属
称号 旭日中綬章(2017年)

当選回数 6回
在任期間 1992年7月4日 - 2016年7月3日
テンプレートを表示

根本 崇(ねもと たかし、1945年9月22日 - )は、日本政治家官僚。元千葉県野田市長(6期)。

来歴[編集]

千葉県野田市出身[1]埼玉県立浦和高等学校東京大学法学部法律学科卒業。

1970年(昭和45年)4月、建設省に入省。1978年(昭和53年)4月、千葉県企画部水政課長に就任。1985年(昭和60年)7月、静岡県島田市助役に就任。1989年(平成元年)7月、建設省大臣官房政策企画官に就任。1991年(平成3年)6月、千葉県野田市助役に就任[2]

1992年(平成4年)の野田市長選挙で初当選。7月4日、市長就任[3]。以後、2012年(平成24年)の市長選まで6選を重ねる。

2016年(平成28年)3月2日、市議会3月定例会の本会議で、6月に行われる市長選に出馬しない考えを表明した[4]

2017年(平成29年)4月、旭日中綬章を受章。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]