柳田藤吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

柳田 藤吉(やなぎだ[注釈 1] とうきち、1838年1月3日天保8年12月8日[1]) - 1909年5月10日[2])は、日本の実業家政治家

現在の岩手県盛岡市の下駄を生業とする家に生まれる[1][3]遠野などで商業を学び、1854年(旧暦安政4年2月)に箱館に商店「柳屋」を開業[1]昆布の貿易を手がけて多くの利益を手にし、1864年元治元年)には昆布の加工場も設営した[1]戊辰戦争時には軍への納入品を調達している[3]

1869年5月(明治2年4月)、北門義塾を東京・早稲田に設立した[1]。またこの時期より根室地方の漁業経営に進出し[1][3]、のちに根室昆布営業組合・同鮭営業組合頭取に就任する[2]1876年には柳屋の本店を根室に移している[3]。このほか、根室銀行(安田銀行を経て、現・みずほ銀行)の設立など、道東地区で様々な事業を展開した[3]

1901年に北海道会議員となり[3]1904年第9回衆議院議員総選挙で衆議院議員に当選し[2]、1期務めた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 姓の読み仮名は本記事中に挙げた出典の表記に基づく[1][2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g はこだて人物誌 柳田 藤吉 - 函館市文化・スポーツ振興財団
  2. ^ a b c d 柳田藤吉 - デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク
  3. ^ a b c d e f 柳田家資料 - 北海道立文書館