林徹 (経営学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 徹(はやし とおる、1965年1月13日 - )は、日本の経営学者であり長崎大学教授である。 愛知県安城市出身。

経歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1993年: 四日市大学経済学部経営学科専任講師(1996-2001年助教授, 2001-2008年教授)
  • 2004年: 四日市大学経済学部経営学科長(-2008年)
  • 2008年: 長崎大学経済学部・大学院経済学研究科教授

各種審議会・委員会・その他[編集]

2011年厚生労働省社会保障審議会生活保護基準部会臨時委員(-2013年)を務める[1]。同年、厚生労働省社会保障審議会人口部会委員を務める[2]。2012年、厚生労働省長崎労働局長崎地方最低賃金審議会委員公益代表委員(2012年4月-)を務める[3]。2013年、第10回金融教育に関する小論文・実践報告コンクール奨励賞を受賞(小論文部門)。[4]

著書[編集]

分担執筆[編集]

  • 『有斐閣経済辞典第5版』 (金森久雄・荒憲治郎・森口親司編)有斐閣, 2013年
  • 『現代経営組織論』 (岸田民樹編著)有斐閣, 2005年
  • 『現代経営行動論』 (稲葉元吉・山倉健嗣編著)白桃書房, 2007年
  • 『組織論から組織学へ 経営組織論の新展開』(岸田民樹編著)文眞堂, 2009年
  • 『経営学史事典第2版』 (経営学史学会編)文眞堂, 2012年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2011年4月19日 第1回社会保障審議会生活保護基準部会議事録”. 厚生労働省 (2011年7月1日). 2012年7月6日閲覧。
  2. ^ 第11回社会保障審議会人口部会 委員名簿”. 厚生労働省 (2011年7月1日). 2012年7月6日閲覧。
  3. ^ 長崎労働局”. 長崎労働局 (2012年5月31日). 2016年7月13日閲覧。
  4. ^ 第10回金融教育に関する小論文・実践報告コンクール”. 金融広報中央委員会 (2013年12月27日). 2014年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]