板東知文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
板東 知文
ばんどう ともふみ
生年月日 (1952-12-01) 1952年12月1日(69歳)
出生地 北海道美唄市茶志内町
出身校 明治大学政治経済学部政治学科
所属政党 無所属
公式サイト 美唄市長候補 ばんどう知文のホームページ

当選回数 1回
在任期間 2019年7月3日 - 現職
テンプレートを表示

板東 知文(ばんどう ともふみ、1952年12月1日 - )は、日本政治家北海道美唄市長(1期)。

経歴[編集]

北海道美唄市茶志内町本町に生まれる。美唄市立美唄小学校、美唄市立美唄中学校、北海道美唄東高等学校(現・北海道美唄尚栄高等学校)、明治大学政治経済学部政治学科卒業。

1977年(昭和52年)美唄市役所に入庁。2001年(平成13年)保健福祉部長、2004年(平成16年)総務部長、2008年(平成20年)美唄市教育委員会教育長、2010年(平成22年)美唄市副市長に就任。

2011年(平成23年)6月6日、美唄市長の桜井道夫が健康上の理由により辞職。7月3日に行われた市長選に立候補するも、元市議の高橋幹夫に5票差で敗れ落選。

※当日有権者数:21,914人 最終投票率:63.06%(前回比:+12.48pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
高橋幹夫48無所属6,834票50.02%
板東知文58無所属6,829票49.98%

2019年(平成31年)4月、市立美唄病院建て替え計画などを巡る高橋幹夫の市政運営を批判し、任期満了に伴う市長選への出馬の意向を表明。同年6月9日に行われた市長選に立候補。自民党公明党の推薦を受けた現職の高橋を破り、初当選を果たした[1]。7月3日、市長就任。

※当日有権者数:18,926人 最終投票率:71.46%(前回比:+8.40pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
板東知文66無所属7,267票54.48%
高橋幹夫56無所属6,072票45.52%(推薦)自由民主党美唄支部・公明党北海道本部

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “美唄市長に新人板東氏 現職の高橋氏破り8年前の雪辱”. 北海道新聞. (2019年6月10日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/313587 2019年6月11日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
髙橋幹夫
Flag of Bibai, Hokkaido.svg北海道美唄市長
2019年 -
次代:
現職