松濤温泉シエスパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松濤温泉シエスパ
情報
用途 店舗
設計者 大成建設
施工 大成建設
管理運営 ユニマットコスモ→
ユニマットビューティーアンドスパ
構造形式 鉄筋コンクリート構造
敷地面積 827.61 m²
建築面積 469.9 m²
階数 地上9階地下1階
着工 2005年2月10日
竣工 2006年1月16日
開館開所 2006年1月19日
所在地 150-0046
東京都渋谷区松濤1-28-1
座標 北緯35度39分35.7秒 東経139度41分40.4秒 / 北緯35.659917度 東経139.694556度 / 35.659917; 139.694556座標: 北緯35度39分35.7秒 東経139度41分40.4秒 / 北緯35.659917度 東経139.694556度 / 35.659917; 139.694556
備考 2007年8月31日に正式閉館。データは『商店建築』2006年9月号162・166ページより。
テンプレートを表示

松濤温泉シエスパ(しょうとうおんせんシエスパ)は、東京都にかつて存在した会員制温泉施設である。なお、施設名のシエスパとはShe(彼女)とSiesta(シエスタ)とSpa(スパ)から取った造語[1]

概要[編集]

文化村通りから1本外れた、渋谷区松濤に2006年1月オープン。運営は、ユニマットホールディング子会社の「株式会社ユニマットビューティーアンドスパ」が行っていた。利用は18歳以上の女性に限られており、その理由のひとつとして、敷地面積が広くないので男女共用が難しかったから、というのが挙げられている[2]。開業当初は渋谷初の温泉として話題を集めたが[3]、後述する爆発事故を受けて、営業休止期間の後、2007年8月31日に閉館した。

営業時のデータ[編集]

フロア構成[編集]

  • 地下1階 - ロッカー室、パウダーエリア、ショップ、機械室
  • 1階 - フロント、マッサージ室、事務所
  • 2階 - レストラン
  • 3階 - ヨガスタジオ
  • 4階 - リラクセーションルーム
  • 5階 - アイスバーデ、岩盤浴、ウォーターベッド、バー
  • 6階 - トリートメントルーム
  • 7階 - 脱衣所、浴場「深海の湯」、洗い場、スチームサウナ、アクアトリートメント
  • 8階 - 露天風呂「天空の湯」、足湯、水風呂、フィンランドサウナ

沿革[編集]

  • 2006年1月19日 - 開店。
  • 2007年6月19日 - 後述の爆発事故が発生し、女性従業員3名が死亡、通行中の男性1名が意識不明の重体、事実上閉店。
  • 2007年7月10日 - 渋谷区役所に対し、爆発した別棟とともに、営業休止中の本館も併せて取り壊し、今後営業は再開しないとの方針を伝える。
  • 2007年8月31日 - 正式に閉店。
  • 2010年6月16日 - ユニマット不動産は、施設の設計・施工に携わった大手ゼネコンを含め四社に対し、105億円の損害賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こした[4]
  • 2019年12月2日 - 松濤温泉シエスパ跡に株式会社ユニマットプレシャスによるコワーキングスペース WORK COURT渋谷松濤オープン。[5]

爆発事故[編集]

2007年6月19日午後2時30分頃、別館地下から爆発が起こった。従業員用施設として、1階に更衣室、2階に休憩室が設けてあった。地下はポンプ室になっていて、お湯を汲み出すポンプのほか、天然ガスを逃がす装置も設置してあった。天然ガス排気装置等において何らかの故障が発生した結果、ガスがポンプ室に充満し、火花が散ったことで爆発した。

爆発事故から10年経過した2017年12月現在でも、本館はバリケードで封鎖されたのみで建物は解体されていない。別棟も長年に渡り、事故当時の状態で封鎖され放置されていたが、事故に関する刑事裁判が終了したことから、2016年末までにようやく撤去され、跡地はコインパーキングとなった。

関連項目[編集]

  • 六本木天然温泉zaboo(ザブー) - ユニマットビューティーアンドスパが運営していたもうひとつの温泉施設で、シエスパ爆発事故の後こちらも閉館した。併設していた“グランドシエスパ”についても記述。こちらは18歳以上であれば男性も利用可能であった。
  • 南関東ガス田
  • avex io - 同社とのコラボレーションでコンピレーションCDを発売した事がある[3]

脚注[編集]

  1. ^ SHIESPAとは”. シエスパ. 2007年2月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月11日閲覧。
  2. ^ 『商店建築』(商店建築社刊)2006年9月号165ページ。
  3. ^ a b 渋谷の温泉スパが「癒し系」音楽CD-エイベックスとコラボ”. シブヤ経済新聞 (2006年11月27日). 2015年4月11日閲覧。
  4. ^ 大成建設に105億円賠償請求 爆発の温泉施設運営会社”. 産経新聞 (2010年6月16日). 2010年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月11日閲覧。
  5. ^ 本施設について | WORK COURT 渋谷松濤 -渋谷最大級のコワーキングスペース-

外部リンク[編集]