松澤宥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
豊田市美術館の池に浮かぶ松澤宥の作品「白鳥の歌」

松澤 宥(まつざわ ゆたか、1922年2月2日 - 2006年10月15日)は、日本コンセプチュアル・アーティスト(概念芸術家)。

人物[編集]

長野県諏訪郡下諏訪町に生まれる。旧制諏訪中学(現・長野県諏訪清陵高等学校)を経て、1946年に早稲田大学理工学部建築学科を卒業。その後渡米し、宗教哲学を修めて帰国。

1964年6月1日深夜、「オブジェを消せ」という啓示を受け、概念芸術家としての活動を始める。コンセプチュアル・アートの先駆者の一人として、欧米にもその名を知られた。

1973年美学校・諏訪分校を開講する(1981年閉校)[1]

2006年10月15日、郷里の下諏訪町で84年の生涯を閉じた。

1922年2月2日に生まれたことから2という数字にこだわり、東京国立近代美術館でのパフォーマンス2月22日に行っていた。

美術評論家の千葉成夫は、著書『現代美術逸脱史』の中で松澤宥を「日本概念派」の重要人物の一人としている。塩尻市在住時代の草間彌生が頻繁に訪ね、師と仰いだ現代美術家でもある。

主な展覧会など[編集]

収蔵作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]