松浪信三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松浪 信三郎(まつなみ しんざぶろう、1913年8月18日 - 1989年9月2日)は、フランス哲学の研究・翻訳者。サルトル存在と無』の翻訳で知られる。

東京生まれ。早稲田大学大学院哲学科修了。1957年早大教授、1983年定年退任。

サルトルのほか、モンテーニュパスカルベルクソンキェルケゴールなどを広く訳し、広く読まれた。

著書[編集]

  • パスカル 日本図書 1947
  • 実存哲学素描 小石川書房 1948
  • 考える葦 パスカルの生涯と思想 角川新書 1951
  • 実存哲学 河出新書 1955
  • モラリストの言葉 実業之日本社 1957
  • 実存主義 岩波新書 1962
  • 実存のことば 番町書房 1966
  • サルトル 勁草書房 1966
  • ヴァリア・ポエティカ 詩と哲学の遍歴 河出書房新社 1974
  • 死の思索 岩波新書 1983
  • 半世界に生きる 旦旦旦語録 河出書房新社 1986.7
  • 虚虚実実 続旦旦旦語録 河出書房新社 1987.7
  • 哲学以前の哲学 岩波新書 1988
  • 中道の思想 「ちょうどいい加減」とは? 河出書房新社 1988

共編著[編集]

  • 実存主義辞典 飯島宗享共編 東京堂 1964
  • キルケゴール研究 飯島宗享共編 キルケゴール著作集別巻 白水社 1968
  • 西洋思想史辞典(編)東京堂出版 1973
  • フランス哲学史論集 創文社 1985

翻訳[編集]

  • パスカル書簡集 由木康共訳 白水社 1942
  • 信仰についての談話 アラン 青山出版社 1942 「信仰について」角川文庫
  • パスカル ジャック・シュヴァリエ 安井源治共訳 養徳社 1944
  • ソクラテス生涯と思想 A.E.テイラー 綜合出版社 1946
  • パスカル科学論文集 安井源治共訳 白水社 1946-1948 のち単独訳で岩波文庫
  • 死にいたる病 キエルケゴール 小石川書房 1948 のち白水Uブックス
  • 宗教論 アラン 角川書店 1950
  • 冥想録(抄) パスカル 世界大思想全集 河出書房 1953
  • 希望の終り ホワン・エルマーノス ダヴィッド社 1954
  • パンセ パスカル 河出文庫 1955 のち講談社文庫
  • 西欧の誘惑 マルロオ 小松清共訳 新潮社 1955(一時間文庫)
  • サルトル 人と作品 R.M.アルベレス 河出新書 1956
  • 存在と無 現象学的存在論の試み サルトル全集 第18-20巻 人文書院 1956-1960 のちちくま学芸文庫
  • 実存主義入門 ジャン・ヴァール 高橋允昭共訳 理想社 1962
  • 瞬間 泉治典共訳 キルケゴール著作集 白水社 1964
  • 創造的進化 高橋允昭共訳 ベルグソン全集 白水社 1966
  • モンテーニュ随想録<エセー> 世界の大思想 河出書房新社 1966-1967
  • 哲学の学校 カール・ヤスパース 河出書房新社 1966
  • 生けるキルケゴール サルトル 共訳 人文書院 1967
  • ドイツの将来 カール・ヤスパース タイムライフインターナショナル 1969
  • 存在の神秘 掛下栄一郎共訳 マルセル著作集 春秋社 1977.4