松本祐子 (小説家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松本 祐子(まつもと ゆうこ、1963年10月31日 - )は、日本小説家イギリス文学者。聖学院大学人間福祉学部教授。専門は19世紀イギリス文学、英米児童文学

履歴[編集]

早稲田大学第一文学部英文科卒業後、日本女子大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。 1992年、季刊小説雑誌『小説ハヤカワHi!』(『S-Fマガジン』臨時増刊号) に投稿したファンタジー作品、『虹色のリデル』が編集者の目に留まり、作家デビュー[1]。。2002年に改めて、公募新人賞である日本児童文学者協会新人賞を『リューンノールの庭』で受賞している 1998年聖学院大学児童学科講師2000年助教授、07年准教授、08年教授。

受賞[編集]

作品リスト[編集]

シエナ国物語シリーズ[編集]

ルーカスレオンシリーズ[編集]

  • 『夢の冠 碧の剣』(コバルト文庫、イラスト:星崎龍) 1995年
  • 『夢の冠 白の闇』(コバルト文庫、イラスト:星崎龍) 1996年

天使たちのラプソディー[編集]

  • 『御曹司はご機嫌ななめ』(スーパーファンタジー文庫)1998年
  • 『ヒロインは失踪中』(スーパーファンタジー文庫)1998年
  • 『恋敵はエゴイスト』(スーパーファンタジー文庫)1998年
  • 『跡継ぎは優等生』(スーパーファンタジー文庫)1999年

未散(みちる)と魔法の花[編集]

  • 『リューンノールの庭』(小峰書店) 2002年
  • 『ブルーローズの謎』(小峰書店) 2004年
  • 『フェアリースノーの夢』(小峰書店) 2006年

単巻完結[編集]

  • 『永遠(とわ)への扉』(集英社スーパーファンタジー文庫)1996年
  • 『君の瞳で凍らせて』(スーパーファンタジー文庫)2000年
  • 『8分音符のプレリュード』(小峰書店) 2008年
  • 『カメレオンを飼いたい!』(小峰書店) 2011年
  • 『ツン子ちゃん、おとぎの国へ行く』(小峰書店、イラスト:佐竹美保) 2013年

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『虹色のリデル』(ハヤカワ文庫Hi!Books、1992年3月20日初版発行)「著者紹介」、「あとがき」より。

外部リンク[編集]