松本仁助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 仁助(まつもと にすけ、1927年3月8日[1] - )は西洋古典学者、古代ギリシア文学研究者、大阪大学名誉教授。大阪市生まれ。1951年京都大学文学部卒業。同志社大学教授、大阪大学教授、大阪学院大学教授を経て2002年退職。

著書[編集]

単著[編集]

編編著[編集]

  • 『新ドイツ語の基礎』三修社、1967。岡道男と共著
  • 『ギリシア文学を学ぶ人のために』世界思想社、1991。岡道男・中務哲郎と共編
  • 『ラテン文学を学ぶ人のために』世界思想社、1992。岡道男・中務哲郎と共編
  • 『共生の国際関係 国際学の試み』世界思想社、1997。香西茂・島岡宏と共編

翻訳[編集]

  • リヒアルト・ハルダー『ギリシアの文化』エンデルレ書店、1965。北斗出版、1985
  • アリストテレース詩学』、各・ホラーティウス『詩論』岡道男訳を併録
    • 世界思想社<世界思想ゼミナール>、1989/岩波文庫、1997、ワイド版2012
  • クセノポン小品集』京都大学学術出版会<西洋古典巣書>、2000
  • クセノポン『キュロスの教育』京都大学学術出版会<西洋古典巣書>、2004
  • プルタルコス『モラリア 8』京大学術出版会<西洋古典叢書>、2012
  • プルタルコス『モラリア 3』京都大学学術出版会<西洋古典巣書>、2015  

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.344

出典[編集]