松平斉光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 斉光(まつだいら なりみつ、1897年2月10日 - 1979年5月14日)は、日本の政治思想史学者。

経歴[編集]

津山松平家分家の男爵松平斉松平斉民の九男)の長男。母は徳川慶喜の七女・浪子。妻は徳川昭武(慶喜の弟)の三女・直子。

父・斉は斉光が生まれる前に失踪している。1904年明治37年)5月20日、家督を相続し男爵を襲爵した[1]1921年(大正10年)東京帝国大学法学部政治学科卒。同副手、1932年昭和7年)渡仏、ソルボンヌ大学に学び、1940年帰国。陸軍主計少尉。

1946年(昭和21年)5月、貴族院男爵議員に補欠選挙で当選し[2]公正会に所属し、1947年(昭和22年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[3]

1961年「フランス啓蒙思想の研究」で東京大学法学博士東京都立大学教授1961年定年退官、名誉教授、明治大学政経学部教授、1968年東海大学教授。

著書[編集]

  • 祭 本質と諸相(日光書院 1943年)
  • 欧洲政治思想史 上巻(個我の発見)(明治書院 1950年)
  • 欧洲政治思想史 下巻(個我の進展)(明治書院 1955年)
  • フランス啓蒙思想の研究(有斐閣 1958年)
  • 政治学原論 第1分冊(稲門堂 1965年)
  • 古代ヨーロッパの政治と思想 その史的展望(東海大学出版会 1972年)
  • 近代ヨーロッパの政治と思想(人間の科学社 1976年)
  • 祭 本質と諸相-古代人の宇宙-(朝日新聞社 1977年)。解説山口昌男
  • 祭(平凡社東洋文庫 1998年、ワイド版2009年)。解説飯島吉晴

その他[編集]

  • アラン 『幸福論』(三笠文庫 1953年)。他にも訳書を刊
  • 桜井陽二 『松平斉光における政治科学と天皇制』(芦書房 2010年)。弟子による評伝

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6265号、明治37年5月21日。
  2. ^ 『官報』第5815号、昭和21年6月5日。
  3. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』85頁。

参考[編集]

  • 『第十四版大衆人事録 東京篇』(1942年)
  • 『人物物故大年表』
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
日本の爵位
先代:
松平斉
男爵
津山松平家(分家)第2代
1904年 - 1947年
次代:
華族制度廃止