松岡環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松岡 環(まつおか たまき、1947年 - )は、日本社会運動家映画監督南京事件研究者として、日中戦争における日本の戦争犯罪を訴える活動を行っている。

大阪府に生まれ、大阪府松原市で小学校教師として歴史を教えていた。1988年から中国南京に赴いており、歴史教科書問題では戦争犯罪について日本人に正確な日本の歴史を教えるべきだと主張している。南京事件の被害者宅や関係場所を訪れて、数百人の中国人被害者や元日本軍人加害者をインタビューしたとする『南京 引き裂かれた記憶』というドキュメンタリー映画を制作した。中国、香港アメリカカナダなどで講演している[1]。 そのため、中国では「日本の良心」と呼ばれる[2]が、日本の右翼団体には反日活動家と批判されている。

脚注[編集]

  1. ^ 南京大虐殺:60カ年実行委・松岡代表「事実知り、向き合わねば」 8日・大阪で証言集会、12日には神戸で /大阪[リンク切れ]
  2. ^ “日本的良心”松冈环携南京大屠杀纪录片来宁(中国語)