松尾尊兌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「松尾尊兊」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

松尾 尊兌(まつお たかよし、1929年(昭和4年) - 2014年(平成26年)12月14日)は、日本の歴史学者(日本近現代史専攻)。京都大学名誉教授鳥取市生まれ。

来歴[編集]

旧制の鳥取第一中学校(鳥取県立鳥取西高等学校の前身)・松江高等学校島根大学の前身)を経て、1953年(昭和28年)9月に当時旧制大学だった京都大学文学部を卒業した[1]。京大では国史学の北山茂夫に師事し、また同郷・同窓(鳥取一中)の先輩である最晩年の佐々木惣一の謦咳に接した。卒業後、同年4月京都大学人文科学研究所助手となり、1970年(昭和28年)5月より京都大学人文科学研究所助教授1971年(昭和46年)1月に京都大学文学部史学科助教授(現代史学講座担当)、1981年(昭和56年)4月に京都大学文学部史学科教授(現代史学講座担当)に就いた。大正期の地方民衆運動史や吉野作造石橋湛山の植民地論など、戦後民主主義を擁護する形での、大正デモクラシー史の実証的研究に先駆的業績を残した。

1993年(平成5年)3月に京都大学を定年退官して、4月京都大学名誉教授及び京都橘女子大学教授を務めた。郷土の同窓(旧制鳥取第一中学校)の政治家古井喜実の著作・評伝の編さんも行っている。晩年は回想を交えた戦後デモクラシー研究著作を公刊した。

吉野作造をテーマとする岩波新書の執筆を進めていた2014年平成26年)12月14日悪性リンパ腫で死去[2]。享年85。

なお松尾旧蔵による1950年代前半の学生運動レッドパージ反対運動・破壊活動防止法反対運動・京大天皇事件など)のビラを中心とした資料678点は、京都大学大学文書館に寄贈され、『戦後学生運動関係資料Ⅰ』として整理・公開されている[3]

著書[編集]

単著[編集]

  • 大正デモクラシーの研究』(青木書店, 1966年)
  • 『国民の歴史(21)民本主義の潮流』(文英堂,1970年)[1]
  • 『大正デモクラシー』(岩波書店, 1974年/同時代ライブラリー, 1994年/岩波現代文庫, 2001年)
  • 『本倉』(みすず書房, 1983年)
  • 普通選挙制度成立史の研究』(岩波書店, 1989年)
  • 『大正デモクラシーの群像』(岩波書店[同時代ライブラリー], 1990年)
  • 『集英社版日本の歴史(21) 国際国家への出発』(集英社, 1993年)
  • 『大正時代の先行者たち』(岩波書店[同時代ライブラリー], 1993年)
  • 民本主義帝国主義』(みすず書房, 1998年)
  • 中野重治訪問記』(岩波書店, 1999年)
  • 『戦後日本への出発』(岩波書店, 2002年)
  • 『昨日の風景――師と友と』(岩波書店, 2004年)
  • 滝川事件』(岩波書店[岩波現代文庫], 2005年)
  • 『わが近代日本人物誌』(岩波書店, 2010年)
  • 『近代日本と石橋湛山』(東洋経済新報社, 2013年)
  • 大正デモクラシー期の政治と社会』(みすず書房, 2014年)

編著[編集]

  • 近代日本思想大系17 吉野作造集』(筑摩書房, 1976年)
  • 吉野作造『中国・朝鮮論』(平凡社東洋文庫, 1978年)、ワイド版2006年
  • 『石橋湛山評論集』(岩波書店[岩波文庫], 1984年)、ワイド版1991年
  • 『続・現代史資料(2)社会主義沿革』(みすず書房, 1984年-1986年)
  • 北山茂夫伝記と追想』(みすず書房, 1991年)
  • 『大日本主義か小日本主義か 三浦銕太郎論説集』(東洋経済新報社, 1995年)
  • 『一政治家の直言 古井喜実遺文集』(日中友好会館, 1997年)

共編著[編集]

  • 藤原彰)『論集現代史』(筑摩書房, 1976年)

訳書[編集]

  • H・スミス『新人会の研究――日本学生運動の源流』(東京大学出版会, 1978年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 入学と卒業いずれも旧制では最後の京都大学の学生であった。
  2. ^ 「松尾・京大名誉教授が死去 大正の政治思想研究」『朝日新聞』2014年12月18日付(2014年12月18日閲覧)、永井和「デモクラシーの本質 追求 松尾尊兊さんを悼む」『朝日新聞』2014年12月23日付(大阪本社発行13版)。
  3. ^ 松尾尊兊「一枚のビラでも大切に」『京都大学大学文書館だより』16(2009年4月30日) (PDF) 。なお京大天皇事件当時、京大生であった松尾は事件に関する報道論調を批判した「意見」を雑誌『世界』に投稿し、直後に発行された同誌の1952年4月号に匿名(「京都市 一学生」)で掲載されたが、この論説はのちに著書『昨日の風景――師と友と』(2004年刊)に収録されている。

関連項目[編集]