松井透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松井 透(まつい とおる、1926年8月3日[1]- 2008年3月23日)は、東洋史学者。

東京出身。1952年東京大学文学部西洋史卒、55年同大学院研究奨学生修了、平凡社嘱託として『世界歴史事典』を編集、56年青山学院大学経済学部第二部専任講師、60年助教授、東大東洋文化研究所専任講師、68年助教授、73年教授、87年定年退官、名誉教授。88年川村学園女子大学教授。

著書[編集]

  • 『北インド農産物価格の史的研究』東京大学出版会 1977
  • 『イギリス支配とインド社会 19世紀前半北インド史の一研究』東京大学出版会 1987
  • 『世界市場の形成』岩波書店(世界歴史叢書) 1991
  • 『バニヤンの樹かげで 異文化への視野』筑摩書房 1994

共編著[編集]

  • 『インド史における土地制度と権力構造』山崎利男共編 東京大学出版会 1969
  • 『インド土地制度史研究 史料を中心に』 東京大学出版会 1972
  • 『バングラデシュ米作の地域構造 タナ・レベルの統計分析』佐藤宏共編 アジア経済研究所 1986

参考[編集]

  • 松井透教授略歴・主要著作目録「東洋文化研究所紀要」1987-3

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』