東洋英和幼稚園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東洋英和幼稚園
Toyo Eiwa Jogakuin1.jpg東洋英和幼稚園正門
(2016年7月2日撮影)
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東洋英和女学院
設立年月日 1914年
共学・別学 男女共学
所在地 106-0032
東京都港区六本木五丁目6番14号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/幼稚園テンプレート
テンプレートを表示

東洋英和幼稚園(とうようえいわようちえん)は、東京都港区にあるキリスト教プロテスタント系の私立幼稚園

概要[編集]

カナダ・メソジスト教会(現在のカナダ合同教会)婦人伝道会社から派遣された宣教師 ミス・カートメルによって1884年(明治17年)、 東洋英和女学校麻布鳥居坂に開設された。

その後東洋英和女学校校長ミス・ブラックモアによって1914年(大正3年)、東洋英和女学校の付属幼稚園が開設された。

沿革[編集]

  • 1884年明治17年)- 東洋英和女学校がミス・カートメルによって開校。
  • 1905年(明治28年)9月5日 - 長野県上田の梅花幼稚園を実習園として上田保母伝習所開設[1]
  • 1908年(明治31年)8月17日 - 私立上田保母伝習所、設置認可[1]
  • 1914年(大正3年)11月6日 - 東洋英和女学校附属幼稚園、開園式[2]
  • 1914年(大正3年)12月11日 - 東洋英和女学校附属幼稚園、文部省より認可される[2]
  • 1919年(大正8年)7月10日 - 私立上田保母伝習所廃止[1]
  • 1919年(大正8年)9月11日 - 上田保母伝習所を東洋英和女学院構内に移転設置し、東洋英和女学院付属保母養成所が設置される。実習は附属幼稚園で行われるようになる[2]
  • 1923年(大正12年)9月12日 - 震災のため麻布三聯隊本部に幼稚園園舎を貸与する(9月21日まで)[1]
  • 1927年(昭和2年) - 校章、制服を制定。
  • 1928年(昭和3年) - 校旗及び標語「敬神奉仕」を制定。
  • 1932年(昭和7年) - 東鳥居坂町2番地に新園舎落成。
  • 1934年(昭和9年) - 校歌制定。
  • 1944年(昭和19年)8月 - 幼稚園非常措置により休園[2]
  • 1944年(昭和19年)11月 - 戦時保育所設置[2]
  • 1945年(昭和20年)3月 - 空襲により事実上の廃園[2]
  • 1946年(昭和21年)- 幼稚園再開[2]
  • 1947年(昭和22年)- 東洋英和幼稚園と改称。
  • 1962年(昭和37年)- 六本木町1番地に新園舎建設[2]

教育方針[編集]

「敬神奉仕」の標語を基にしたキリスト教教育を行っている。毎朝礼拝から1日の学校活動が始まる。

「敬神」とは 神から愛されている、かけがえのない自分に気づき、神を愛し、敬う事であり
「奉仕」とは 神から愛されている隣人(他者)を愛し、隣人に仕えることである。
  • 聖句
「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。」(マルコによる福音書 第12章30節)
「隣人を自分のように愛しなさい」(マルコによる福音書 第12章31節)

校歌[編集]

交通[編集]

著名な出身者[編集]

芸能[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 東洋英和女学院120年史. 東洋英和女学院. (2005年2月25日). p. 390. 
  2. ^ a b c d e f g h 東洋英和女学院120年史. 東洋英和女学院. (2005年2月25日). pp. 62-69. 

参考文献[編集]

  • 『東洋英和女学院120年史』東洋英和女学院、2005年2月25日

外部リンク[編集]