山梨英和短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山梨英和短期大学
大学設置 1966年
創立 1889年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人山梨英和学院
本部所在地 山梨県甲府市横根町888
学部 日本文化コミュニケーション学科
英語コミュニケーション学科
情報文化学科
研究科 国文学専攻
英文学専攻
テンプレートを表示

山梨英和短期大学(やまなしえいわたんきだいがく、英語: Yamanashi Eiwa CollegeまたはYamanashi Eiwa Junior College[1])は、山梨県甲府市横根町888に本部を置いていた日本私立大学である。1966年に設置。大学の略称は山梨英和。 学生募集は2001年度まで。翌年度より山梨英和大学の設置により短期大学は学生募集を停止し、2004年5月28日 正式廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 山梨英和短期大学に設置されていた学科の一つに、日本文化コミュニケーション学科がある。これは、日本文学日本文化日本語コミュニケーションなどに関する専門科目の他に創作実習・「漫画文化論」・作品講読などの科目もあった[3]
  • 英語コミュニケーション学科では、英語コミュニケーション、英米文化、実務英語などに関する科目ほか、「通訳ガイド」・「インターネットコミュニケーション」などの科目も開講されていた[3]
  • 情報文化学科では、情報社会の本質を知り、かつそこで活躍しうる人材を育成するというねらいから、人間コミュニケーション、メディア理解、情報処理・検索、情報実務などに関する科目ほか出版論や放送メディア論などの科目もあった[3]
  • 海外研修としてアメリカ韓国などで行われていた[3]

学風および特色[編集]

  • 山梨英和短期大学は、カナダメソジスト教会婦人伝道団体と地元素封家たちの協力により1889年創立された山梨英和女学校が起源となっている。そのことから、キリスト教精神に基づいた教育が行われていた。
  • 元々は、女子のみを対象とした短大だったが、最終募集年度になって初めて男女共学となった。

沿革[編集]

  • 1889年 山梨英和女学校が創設される。
  • 1966年 山梨英和短期大学開学。
    • 国文科:在学者数96[4]
    • 英文科:在学者数132[4]
  • 1969年 専攻科を設置。
    • 国文学専攻
    • 英文学専攻
  • 同年、学科名を改称。
    • 国文科→国文学科
    • 英文科→英文学科
  • 1991年 情報文化学科増設:在学者数は122[5]
  • 1996年 学科名の変更が行なわれる。
    • 国文学科→日本文化コミュニケーション学科
    • 英文学科→英語コミュニケーション学科
  • 2001年度をもって学生募集を終了。男女共学となる。翌年度より山梨英和大学へ移行。
  • 2004年5月28日 正式廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 山梨県甲府市横根町888

象徴[編集]

  • 山梨英和短期大学のカレッジマークは、カナダのシンボルともなっているカエデをベースに、「山梨」のローマ字表記の頭文字である「Y」が記されている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 日本文化コミュニケーション学科
  • 英語コミュニケーション学科
  • 情報文化学科

専攻科[編集]

  • 国文学専攻
  • 英文学専攻[6]

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格
  • 司書教諭:日本文化コミュニケーション学科の前身である国文学科、英語コミュニケーション学科の前身である英文学科にて設置されていた時期があった。
  • 司書
    • 日本文化コミュニケーション学科
    • 英語コミュニケーション学科
    • 情報文化学科
教職課程
  • 中学校教諭二種免許状
    • 国語:日本文化コミュニケーション学科の前身である国文学科にて設置されていた時期もあった。
    • 英語:英語コミュニケーション学科の前身である英文学科にて設置されていた時期もあった。

学園祭[編集]

  • 山梨英和短期大学の学園祭は「紅楓祭」と呼ばれていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパスは、自然との調和をテーマとして、ヨーロッパの都市をイメージして設計された。体育館・学生センター・講義棟・図書館・研究棟・事務棟などが建てられた[3]

学生食堂[編集]

  • 山梨英和短期大学の学生食堂(学食)は、学生センターの2階に設置されていた[3]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

韓国[編集]

姉妹校[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110000990388より
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』274頁より。
  3. ^ a b c d e f g h i j 2001年度入学案内小冊子より。
  4. ^ a b 昭和42年度版『全国学校総覧』35頁より。
  5. ^ 昭和42年度版『全国学校総覧』67頁より。
  6. ^ 修業年限はいずれも昼間部1年制となっていた。