東勝寺 (成田市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東勝寺(宗吾霊堂)
Toshoji-temple dai-hondo,sogo reido,narita-city,japan.jpg
大本堂
所在地 千葉県成田市宗吾1-558
位置 北緯35度45分41.60秒 東経140度16分46.50秒 / 北緯35.7615556度 東経140.2795833度 / 35.7615556; 140.2795833座標: 北緯35度45分41.60秒 東経140度16分46.50秒 / 北緯35.7615556度 東経140.2795833度 / 35.7615556; 140.2795833
山号 鳴鐘山
宗派 真言宗豊山派
本尊 宗吾尊霊
創建年 不明 (桓武天皇の時代)
開基 坂上田村麻呂
中興年 1662年寛文2年)
中興 澄祐
正式名 鳴鐘山 医王院 東勝寺
別称 宗吾霊堂
文化財 梵鐘(県指定有形)など
地図
東勝寺 (成田市)の位置(千葉県内)
東勝寺 (成田市)
テンプレートを表示

東勝寺(とうしょうじ)は、千葉県成田市にある真言宗豊山派の寺である。山号は鳴鐘山。義民佐倉惣五郎の霊が祀られていることから宗吾霊堂(そうごれいどう)と広くよばれる。

由緒[編集]

開創年代等については不詳であるが、寺伝によれば桓武天皇の勅命により、坂上田村麻呂が創建したという。たびたび火災にあって寺地を転々とし、1662年寛文2年)澄祐により再興され下方字鐘打に移った。1910年明治43年)火災により焼失し、1921年大正10年)現在地に再建された。

伽藍等[編集]

宗吾御一代記館
  • 大本堂 ‐ 真言宗の本尊は大日如来だが、ここでは佐倉惣五郎の霊が祀られている。
  • 仁王門 ‐ 1978年昭和53年)完成。
  • 薬師堂 ‐ 本尊は薬師瑠璃光如来
  • 聖天堂 ‐ 坂上田村麻呂の持仏と伝わる大聖歓喜天像が祀られている。
  • 鐘楼堂
  • 宗吾霊宝殿
  • 宗吾御一代記館 ‐ 宗吾(佐倉惣五郎)の生涯を、66体の人形を使った立体パノラマで解説。
  • 大本坊・旧客殿 など
  • 玉垣 - 演目「佐倉義民伝」の大入りの御礼から、歌舞伎役者の寄進が盛んであったことが刻まれた名前からわかる。

文化財[編集]

  • 千葉県指定有形文化財
  • 成田市指定文化財
    • 板石塔婆2基 ‐下総式板碑、康永元年(1342年)在銘。

所在地[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]