東京女子学園中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京女子学園中学校・高等学校
Tokyo Joshi Gakuen.jpg
過去の名称 東京女子中学・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東京女子学園
設立年月日 1903年(明治36年)
共学・別学 女子校
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 13534J
所在地 108-0014
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
創立者で初代校長・棚橋絢子

東京女子学園中学校・高等学校(とうきょうじょしがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都港区に所在する私立女子中学校高等学校。 進学コースでは、中学校から入学した内部進学生徒と高等学校から入学した外部進学生徒が、高等学校第2学年から混合する併設型中高一貫校である[1]

教育方針[編集]

女子教育を推進している。具体的には、自立した女性の育成を掲げ、女子校だからこそ、それが可能であるとしている。現代日本では「男は男らしく、女は女らしく」という意識が根強く残っており、共学校では性差による役割分担が見られると指摘し、女子生徒のみの女子校であれば男子がいない分、性差による役割分担や甘えはなくなる、と主張している。[2]

校内予備校という放課後の特別授業を実施している。校内予備校は学校と連携しており、進度や範囲なども調整することもある。また学校の体育祭や文化祭、遠足などの行事ごとには休みにもなる。このように手厚い教育のもと、進学実績は飛躍的に伸びている。ここ数年間で医学部や東京外大などの国立大学、早慶上智などの超難関校にも多数合格者をだしている。

沿革[編集]

  • 1903年 棚橋一郎らが私立東京高等女学校を開校
  • 1922年 校名を東京高等女学校と改称し、修業年限を5年とする
  • 1938年 財団法人東京高等女学校に改組
  • 1947年 中学校・高等学校を併設
  • 1948年 東京女子中学・高等学校と改称
  • 1951年 学校法人東京女子学園に改組
  • 1984年 創立80周年記念式典およびA館・C館・体育館の落成祝賀会を挙行
  • 1991年 校名を東京女子学園中学校・高等学校と改称、国際・英語コース開設
  • 1993年 高等学校にコース制(文系・理系・文理)を採用、6月に創立90周年記念式典・祝賀会を挙行
  • 1995年 創立90周年事業のB館落成・祝賀式を挙行
  • 2003年 創立100周年記念式典

設置課程[編集]

部活動[編集]

  • 演劇部
  • 華道部
  • 茶道部
  • 箏曲部
  • 漫画部
  • 軽音楽部
  • 吹奏楽部
  • 英語部
  • 美術部
  • 生物部
  • 調理部
  • 手話部
  • 歴史部
  • バレーボール部
  • バドミントン部
  • スキー部
  • 卓球部
  • ダンス部
  • ソフトテニス部
  • バスケットボール部
  • 硬式テニス部

交通[編集]

制服[編集]

※ 冬服には正装制服、夏服には重着用のセーターとベストがある。

主な出身者・関係者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]