村岡兼幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むらおか かねゆき
村岡 兼幸
生誕 (1957-06-21) 1957年6月21日(60歳)
秋田県本荘市
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家
肩書き 村岡建設工業代表取締役社長
任期 2016年10月1日~
前任者 村岡淑郎
村岡兼造

村岡 兼幸(むらおか かねゆき、1957年6月21日 - )は、日本の企業経営者で日本青年会議所(JC)の第46代会頭を務めた。村岡建設工業社長。父は内閣官房長官を務めた衆議院議員村岡兼造、弟は政治家の村岡敏英

経歴[編集]

秋田県本荘市(現由利本荘市)生まれ。秋田県立本荘高等学校青山学院大学経営学部卒業。

大学卒業後、地域における「まちづくり運動」の青年会議所に15年間かかわり、1990年平成2年)、社団法人由利本荘青年会議所理事長に就任した。その後、社団法人日本青年会議所の常任理事、専務理事、副会頭を歴任、1997年(平成9年)には日本青年会議所第46代会頭に就任した。スローガンは「小さなデモクラシーが未来をひらく」であった[1]

2001年(平成13年)の秋田県知事選挙に立候補し、自由民主党公明党保守党の推薦を得たが、現職の寺田典城に大差をつけられ敗退した。

地方分権NPOによる「社会システムの変革」が必要であるとの持論を展開しており、著書もある[1]。青年経済人政策研究会理事長、総務省新ふるさとづくり懇談会委員、財団法人まちづくり市民財団理事長、由利本荘市本荘地域協議会副会長などの公務を経験した[1]

2016年10月、代表取締役会長となった叔父の後任として、村岡建設工業の社長に昇格。

著書[編集]

  • 村岡兼幸/まちづくり市民財団 『NPO!?なんのためだれのため―「NPOとまちづくり」現場からの本音トーク』 時事通信出版局、2007年4月。ISBN 978-4788707542

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村岡兼幸他(2007)