李升基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

李 升基(リ・スンギ、朝鮮語: 리승기1905年10月1日 - 1996年2月8日)は、北朝鮮化学者ビニロンの発明者の一人。

人物・生涯[編集]

日本統治時代の朝鮮全羅南道潭陽郡生まれ。中央普通学校を経て松山高等学校理科甲類を1928年3月に卒業した。その後、京都帝国大学工学部に進学し、京都帝国大学化学研究所では助教授を務めた。1939年には桜田一郎、川上博(大日本紡績)らとともにビニロンを合成し[1][2]、世界で2番目の合成繊維を作成した。しかし戦時中の日本の軍事政策に協力しなかったために治安維持法により拘束され、終戦を迎えるまでとらわれの身となった[3]

解放後は韓国へと渡り、ソウル大学校工科大学長(大学工学部長に相当)を務めるものの朝鮮戦争が勃発し、北朝鮮へと逃れた(韓国側は拉致と主張)。その後は、北朝鮮でビナロン(ビニロンの北朝鮮名[4])などの繊維工業の発展に尽くした[5]ほか、1962年~1990年には最高人民会議の代議員を務めた。1967年に寧辺原子力研究所が設立されると初代所長となり、核兵器開発にも携わるとともに多くの科学技術者を育てた。こうした功績から死後、愛国烈士陵に祀られている[6]

著作物[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Patent no. 147,958, February 20, 1941, Ichiro Sakurada, Yi Sung-ki [Lee. S. or Ri. Sung.Gi. and Hiroshi Kawakami, issued to Institute of Japan Chemical Fiber.
  2. ^ 20世紀日本人名事典『桜田 一郎』 - コトバンク
  3. ^ North Korea Today / КНДР сегодня - 亡命女性研究者の証言(2002年6月) - ウェイバックマシン(2014年12月13日アーカイブ分)
  4. ^ ビナロン(비날론)は、金日成による命名であり、北朝鮮でビニロンは同国の発明品とされている。
  5. ^ "Two Korean Chemists in Japan"「日本における 2 人の朝鮮人化学者」 KIM Dong Won(金東源:キム・ドンウォン) (KAIST), 5th East Asian STS Conference "Science and Technology in Public Dispute", 2004/12/9. (神戸大学塚原東吾研究室、金玲仙翻訳。本文中の「」は「」の誤り。)
  6. ^ 【から(韓)くに便り】ソウル駐在特別記者・黒田勝弘 北核開発の父は京大OB+(1/3ページ) - MSN産経ニュース - ウェイバックマシン(2012年5月30日アーカイブ分)

関連項目[編集]