桜田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桜田 一郎(さくらだ いちろう、1904年明治37年)1月1日 - 1986年昭和61年)6月23日)は、日本の化学者京都府生まれ。京都帝国大学工学部工業化学科卒業。1931年(昭和6年)、工学博士。論文の題は「繊維素及其置換体ニ就テ」[1]。京都大学名誉教授。元日本化学会会長。元日本学士院会員文化勲章受章者。

1939年(昭和14年)に日本初の合成繊維であるポリビニルアルコール系合成繊維(ビニロン)を李升基、川上博(大日本紡績)らと共同開発した。このほか、桜田の粘度式を始めとして高分子に関する様々な研究を展開し、日本の高分子化学の基礎を築いた。高分子という日本語を定着させたのも彼である。

旧制第三高等学校(三高)時代にエスペラントを学び、エスペランティストでもあった。

略歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 『日本エスペラント文献目録1906-1945』、日本エスペラント図書刊行会、1970