杉野喜精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

杉野 喜精(すぎの きせい、明治3年9月6日1870年9月30日) - 昭和14年(1939年5月2日)は日本実業家相場師山一證券の初代社長や、東京株式取引所理事長を務めた。

人物[編集]

1870年東京深川江戸詰め津軽藩藩士納戸役の家に生まれる。翌年父が失職。

東京商業学校(のちの一橋大学)卒業。1889年日本銀行入行、1896年愛知銀行副支配人。

1902年名古屋銀行取締役支配人就任も、日露戦争後のバブル景気の崩壊による戦後恐慌の影響でモラトリアムを余儀なくされ、責任をとり1907年辞職し兜町で株の現物店の八幡屋を開設。

1910年、八幡屋の経営が思わしくなかったところ、小池国三に誘われ小池合資会社入社、七番番頭となる。

1917年小池が銀行業に専念するため杉野に会社を譲ることとなり、杉野は山一合資会社を設立し社長に就任した[1]。1920年には売買高順位業界1位を達成する。大正バブルの崩壊を乗り越え、1926年に山一證券株式会社に改組し、社長就任。昭和金融恐慌を乗り越え、1935年後任に常務の太田収を据えて社長を退任し、東京株式取引所理事長に就任。

東京板紙株を巡る富士製紙樺太工業の買収合戦では、徳田昂平とともに事態の収拾にあたった[2]

肺疾患の療養を行うも、理事長在任中の1939年に死去。

脚注[編集]

  1. ^ 2005/06/27, 日経金融新聞
  2. ^ 2007/07/09, 日経金融新聞