徳田昂平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徳田 昂平 (とくだ こうへい、1878年5月 - 1951年10月5日)は日本実業家相場師徳田商会(のちの内外証券東海東京証券)社長、日本証券取引所総裁、貴族院議員、大蔵省証券取引委員会委員長等を務めた。

人物[編集]

山梨県出身。旧制甲府中学(のちの山梨県立甲府第一高等学校)を経て、東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業。

山梨銀行等を経て、1897年徳田商会入社。入社後頭角を現し、3年後に支配人就任。徳田商会創業者の徳田孝平婿養子となり、ロンドンに3年間留学。その後ニューヨークウォール街の仲買店で株式仲買を学ぶ。

1918年株式会社徳田商会に改組し社長に就任。1924年から1933年まで東株一般取引組合委員長。

また東京商工会議所副会長や日本証券取引所総裁を務め、1946年貴族院議員、1947年大蔵省証券取引委員会委員長。

東京板紙株を巡る富士製紙樺太工業の買収合戦では、杉野喜精とともに事態の収拾にあたった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 2007/07/09, 日経金融新聞