杉常道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
杉 常道
時代 江戸時代後期・末期(幕末
生誕 文化元年2月23日1804年4月3日
死没 慶応元年8月29日1865年10月18日
別名 通称:百合之助、:恬斎、:伯兪
墓所 山口県萩市の椿東椎原
長州藩
氏族 杉氏
父母 杉常徳
兄弟 杉常道吉田大助玉木文之進
滝(村田右中の娘、児玉太兵衛の養女)
杉民治吉田松陰、千代(芳子)(児玉祐之妻)、寿(楫取素彦妻)、艶、美和子(文)久坂玄瑞妻→楫取素彦妻)、杉敏三郎

杉 常道(すぎ つねみち)は、江戸時代後期から末期(幕末)の長州藩士。通称は百合之助。は恬斎。は伯兪。子に杉民治吉田松陰楫取美和子など、弟に吉田大助玉木文之進がいる。

生涯[編集]

無給通組士の杉常徳(七兵衛)の子として生まれる。文政7年(1824年)に家督を相続し、翌年に児玉太兵衛の養女を娶る。

家格は無給通組(下級武士上等)、石高26石という極貧の武士であったため、農業もしながら生計を立て、7人の子供を育てていた。おまけに三男は発声が不自由であった。天保3年(1830年)に記録御次番役となり、翌年に呉服方になる。天保6年(1835年)、弟吉田大助が死去したため、吉田家(家禄57石)の家督を次男の寅之助(松陰)に相続させた。

安政元年(1855年)、密航を企てた松陰が生家預かりとなり、常道宅に蟄居することとなる。その時松陰は父や近親者に『孟子』や『武教全書』を講じる。安政2年(1856年)、松陰の処分が解け、松下村塾の主宰者となると、長男修道(梅太郎)と共に最初の生徒となる。安政6年(1859年)5月に松陰が江戸護送となると、藩職を罷免され万延元年(1860年)に家督を修道に譲るが、文久3年(1863年)に当職(国相府)内用方になり、盗賊改方を兼務する。慶応元年(1865年)3月に辞職しほどなくして死去した。

墓は山口県萩市の椿東椎原にある。

登場する作品[編集]

参考文献[編集]

  • 『三百藩家臣人名事典 6』新人物往来社

外部リンク[編集]