朴景利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朴 景利
各種表記
ハングル 박경리
漢字 朴景利
発音: パッ・キョンニ
ローマ字 Bak Gyeong-ri
テンプレートを表示

朴 景利(パク・キョンリ、パク・キョンニ、1926年10月28日 - 2008年5月5日)は、大韓民国の女性小説家

概説[編集]

慶尚南道統営生まれ。1980年から江原道原州市で執筆活動をしていた。2008年4月4日に脳卒中で入院した後、意識不明の状態になり、集中治療室で治療を受けていたが、2008年5月5日、午後3時ごろ死去した。詩人の金芝河は女婿。

作品[編集]

  • 김약국의 딸들(金薬局の娘)
  • 불신시대(不信時代)
  • 토지(土地)

その他[編集]