朴成哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朴成哲
박성철
生年月日 (1913-09-02) 1913年9月2日
出生地 大日本帝国の旗 日本統治下 朝鮮慶尚北道慶州市
没年月日 (2008-10-28) 2008年10月28日(95歳没)
死没地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国平壌
出身校 上智大学
所属政党 朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党

朝鮮民主主義人民共和国の旗 国家副主席
在任期間 1977年12月15日 - 1998年9月5日 
国家主席 金日成

内閣 朴成哲内閣
在任期間 1976年4月29日 - 1977年12月15日
国家主席 金日成

朝鮮民主主義人民共和国の旗 政務院副総理
内閣 金一内閣
在任期間 1972年12月28日 - 1976年4月29日
国家主席 金日成

朝鮮民主主義人民共和国の旗 内閣副首相
内閣 金日成内閣
在任期間 1966年 - 1972年12月
内閣首相 金日成(事実上の元首)

朝鮮民主主義人民共和国の旗 第3代外務大臣
内閣 金日成内閣
在任期間 1959年10月 - 1970年7月11日
テンプレートを表示
朴成哲
各種表記
ハングル 박성철
漢字 朴成哲
発音: パク・ソンチョル
日本語読み: ぼく・せいてつ
ローマ字 Pak Sŏngch'ŏl
英語表記: Pak Song-chol
テンプレートを表示

朴 成哲(パク・ソンチョル、박성철1913年9月2日 - 2008年10月28日)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治家。国家副主席や政務院総理首相)などの要職を歴任した。

経歴[編集]

日本統治時代に、慶尚北道慶州市で生まれる。日本の上智大学[1]を中退。留学中に日本共産党にも入党した[1]1934年4月、満州の抗日パルチザンに参加。1936年、東北抗日聯軍第5軍教導第1隊青年隊員。1937年、第2軍第4師第1団排長。1942年、第88独立狙撃旅団第1大隊第1中隊第1小隊長。のち戦士に降格。

解放後、粛川郡党委員会責任書記[1]1948年朝鮮人民軍第3師団参謀長(大佐)[1]1950年3月第15師団長[1]となり、朝鮮戦争に参戦。1953年9月民族保衛省偵察局[1]。その後外務省に転じ、1954年8月から駐ブルガリア人民共和国公使[1]1955年5月同大使[1]1956年8月朝鮮労働党中央委員会国際部長[1]、同年10月外務副相[1]1959年10月に外務相(大臣)に就任し、1970年7月に退任するまで北朝鮮の外交を牽引した。この間、1966年に内閣副首相を兼務。1972年、非公式に大韓民国の首都ソウルを訪問して朴正煕大統領と会談し、南北共同声明発表への道筋をつけた。同年12月に内閣が政務院に改組されると、引き続き政務院副総理に就任した。党務の面では、1964年6月の朝鮮労働党第4期中央委員会第9回総会で政治委員会候補委員(政治局員候補)に、1966年10月の第4期党中央委員会第14回総会で政治委員会委員(政治局員)に選出。1970年の第5回党大会でも政治委員会委員に再選された。

1976年4月29日、政務院総理に就任。翌年12月15日、国家副主席に転任。1980年の第6回党大会において党政治局員に選出される。1991年8月、祖国統一民主主義戦線議長を兼任。

1994年7月8日国家主席の金日成が死去したため、国家主席職は空席となり、1998年9月5日の憲法改正によって国家主席・副主席職が廃止された。国家副主席だった朴成哲は最高人民会議常任委員会名誉副委員長となり、党政治局員の地位を保ったものの、高齢のためもあって、金日成時代を象徴する形式的・名誉職的な地位に甘んじることとなった。2003年9月の建国55周年記念閲兵式典で観覧席に登場して以来、動静に関する公式報道が途絶えていたが、2007年7月30日、道、市、郡人民会議代議員選挙で投票したことを朝鮮中央テレビが伝えた。

2008年10月28日朝鮮中央通信が死去を伝えた。「長い間病気だった」としている。

孫のひとりは、日本人拉致被害者曽我ひとみの娘美花・ブリンダ姉妹の指導員を務めていた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 북한정보포털”. 大韓民国統一部. 2018年1月20日閲覧。
 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
先代:
金一
政務院総理
1976年 - 1977年
次代:
李鐘玉
先代:
南日
外務大臣
1959年 - 1970年
次代:
許錟