木越治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木越 治(きごし おさむ、1948年11月20日 - 2018年2月23日[1])は、日本近世文芸の研究者、金沢大学名誉教授、元上智大学教授。

石川県金沢市出身1971年金沢大学国文科卒、75年東京大学大学院博士課程中退、富山大学講師、79年助教授、83年金沢大学助教授、のち教授、96年「秋成論」で東大文学博士。2010年上智大学教授。

上田秋成が専門だが、近年は秋成作品の講談化と口演、講談と韓国の評弾の比較などを行う。『秋成論』では、呉智英石川淳批判に反論している。

著書[編集]

共編著・校注[編集]

参考[編集]

  • J-GLOBAL研究者情報

脚注[編集]

  1. ^ 上智大学元文学部国文学科教授の木越 治先生が、2月23日逝去されました 上智大学ソフィア会 2018年3月9日

外部リンク[編集]