木村二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木村仁良から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

(きむら じろう、1949年 -)は、日本の推理作家翻訳家

来歴・人物[編集]

大阪府堺市生まれ。高校卒業後、渡米。ペイス大学社会学部卒業。学生時代からアメリカのミステリー小説の評論、翻訳を手がけ、1990年から自ら小説を書きはじめる。 マルタの鷹協会日本支部の創設者(1982年)としても知られる。「木村仁良」名義も使用した。 日本推理作家協会会員だったが、2014年ごろ退会、2016年末に再入会し、同協会英文サイトの翻訳委員をつとめる[1]

作品[編集]

小説[編集]

  • 『残酷なチョコレート』(2013年4月、東京創元社
  • 『予期せぬ来訪者』(2011年11月、創元推理文庫
  • 『ヴェニスを見て死ね』(1994年4月、早川書房/2011年11月、創元推理文庫)

評論・随筆[編集]

  • 『尋問・自供―25人のミステリ・ライター』(1981年6月、早川書房)

編著[編集]

  • R.D.ウィングフィールド他著『夜明けのフロスト』木村仁良編,芹澤恵他訳 光文社 2005 (光文社文庫. 『ジャーロ』傑作短編アンソロジー3)
  • ジャン・グレープ他著『子猫探偵ニックとノラ:the cat has nine mysterious tales』木村仁良編,中井京子他訳 光文社 2004 (光文社文庫. 『ジャーロ』傑作短編アンソロジー2)

訳書[編集]

エドワード・D・ホック
  • 「サイモン・アークの事件簿」
    • 〈Ⅳ〉(2012年12月、創元推理文庫)
    • 〈Ⅲ〉(2011年12月、創元推理文庫)
    • 〈Ⅱ〉(2010年12月、創元推理文庫)
    • 〈Ⅰ〉(2008年12月、創元推理文庫)
  • 「サム・ホーソーンの事件簿」
    • 〈Ⅵ〉(2009年11月、創元推理文庫)
    • 〈Ⅴ〉(2007年6月、創元推理文庫)
    • 〈Ⅳ〉(2006年1月、創元推理文庫)
    • 〈Ⅲ〉(2004年9月、創元推理文庫)
    • 〈Ⅱ〉(2002年5月、創元推理文庫)
    • 〈Ⅰ〉(2000年5月、創元推理文庫)
  • 『夜の冒険』(2012年1月、ハヤカワ文庫
  • 『怪盗ニック対女怪盗サンドラ』(2004年7月、ハヤカワ文庫)
  • 『革服の男』(1999年、木村仁良名義、中井京子他共訳、光文社文庫. 英米短編ミステリー名人選集5)
  • 『怪盗ニック登場』(1988年12月、早川書房/2003年5月、ハヤカワ文庫)
  • 『怪盗ニックの事件簿』(1983年3月、早川書房/2003年11月、ハヤカワ文庫)
  • 『怪盗ニックを盗め』(1979年12月、早川書房/2003年8月、ハヤカワ文庫)
  • 『夜はわが友』(2001年7月、創元推理文庫)
  • 『密室への招待』(1981年9月、早川書房)
  • 『ホックと13人の仲間たち』(1978年1月、早川書房)
ドナルド・E・ウェストレイク(リチャード・スターク)
  • 『泥棒が1ダース』(2009年8月、ハヤカワ文庫)
  • 『バッド・ニュース』(2006年8月、ハヤカワ文庫)
  • 『悪党パーカー/電子の要塞』(2005年2月、ハヤカワ文庫)
  • 『聖なる怪物』(2005年1月、文春文庫
  • 『鉤』(2003年5月、文春文庫)
  • 『骨まで盗んで』(2002年6月、木村仁良名義、ハヤカワ文庫)
  • 『斧』(2001年3月、文春文庫)
  • 『最高の悪運』(2000年4月、木村仁良名義、ハヤカワ文庫)
  • 『悪党パーカー/エンジェル』(1999年、木村仁良名義、ハヤカワ文庫)
  • 『逃げだした秘宝』(1998年、木村仁良名義、ハヤカワ文庫)
  • 『天から降ってきた泥棒』(1997年、木村仁良名義、ハヤカワ文庫)
  • 『二役は大変!』(1995年、木村仁良名義、ハヤカワ文庫)
  • 『踊る黄金像』(1994年、木村仁良名義、ハヤカワ文庫)
  • 『嘘じゃないんだ!』(1991年、木村仁良名義、ハヤカワ文庫)
  • 『ニューヨーク編集者物語』(1989年、木村仁良名義、扶桑社ミステリー)
  • 『標的はイーグル』(1987年6月、早川書房)
  • 『漆黒のダイヤ』(1985年4月、早川書房)
  • 『最後の依頼人』(1982年10月、早川書房)
ロジャー・L.サイモン
  • 『誓いの渚』(1999年2月、講談社文庫
  • 『エルサレムの閃光 私立探偵モウゼズ・ワイン』(1989年、木村仁良名義、ハヤカワ・ミステリ)
  • 『ストレート・マン』(1988年3月、早川書房)
  • 『大いなる賭け』(1976年10月、ハヤカワ・ポケット・ミステリ
マーク ショア
  • 『ダイアモンド・ロック』(1987年5月、ハヤカワ文庫)
  • 『エースのダイアモンド』(1986年2月、ハヤカワ文庫)
  • 『俺はレッド・ダイアモンド』(1985年3月、早川書房)
マイクル・コリンズ
  • 『鮮血色の夢』(1992年、木村仁良名義、創元推理文庫)
  • 『フリーク』(1990年、木村仁良名義、創元推理文庫)
  • 『黒い風に向って歩け』(1984年6月、早川書房)
  • 『ひきがえるの夜』(1981年4月、早川書房)
  • 『真鍮の虹』(1979年5月、早川書房)
ロゲル・リヒテンベルク・ジーモン
  • 『カリフォルニア・ロール』(1986年3月、早川書房)
  • 『ペキン・ダック』(1981年2月、早川書房)
  • 『ワイルドターキー』(1977年8月、早川書房)
エド・マクベイン(エヴァン・ハンター)
  • 『十の罪業 RED』(2009年1月、創元推理文庫)
  • 『黄金の街』(1979年12月、ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
ビル・プロンジーニ
  • 『幻影』(2003年8月、講談社文庫)
  • 『凶悪』(2000年6月、講談社文庫)
ロバート・J・ランディージ
  • 『卑しい街を行く』(1989年2月、ハヤカワ文庫)
  • 『探偵は眠らない』(1986年12月、ハヤカワ文庫)
グレゴリー・マクドナルド
  • 『会員制殺人クラブ』(1987年4月、角川文庫)
  • 『警視フリン空中爆破』(1985年11月、角川文庫)
その他
  • ジョー・ゴアズ『スペード&アーチャー探偵事務所』(2009年12月、早川書房)
  • レイモンド・チャンドラー『トライ・ザ・ガール』(2007年10月、ハヤカワ文庫)
  • マイクル・コナリー『バッドラック・ムーン』(2001年8月、講談社文庫
  • ジャネット・ハッチングズ編『双生児 EQMM90年代ベスト・ミステリー』木村仁良名共訳、2000年)
  • ジョー・ゴアズ『32台のキャディラック』木村仁良名義訳 1998年、福武文庫)
  • ジョン・ミナハン『美女はダイアモンドがお好き』木村仁良名義訳 1994年、徳間文庫)
  • リチャード・バウカー『約束の土地』木村仁良名義訳 1993年、創元推理文庫)
  • アンソニー・ブルーノ『悪どいやつら』(木村仁良名義訳 1992年、文春文庫)
  • ジョン・ミナハン『大ホテル強盗』(木村仁良名義 1990年、徳間文庫)
  • ロバート・J.ランディージ編『探偵たちの誇る』木村仁良名義共訳 1990年、ハヤカワ文庫)
  • ガブリエル・クラフト『ブルショット』(木村仁良名義訳、1990年、ハヤカワ文庫)
  • バイロン・プライス編『フィリップ・マーロウの事件1』(木村仁良名義共訳、1990年、早川書房)
  • アーサー・ライアンズ『消失のシナリオ』1988年12月、ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
  • コナル・ライアン『もうセレナーデは弾けない』1988年2月、ハヤカワ文庫)
  • ベンジャミン・M. シュッツ『狼を庇う羊飼い』1987年4月、サンケイ出版
  • アンドリュー・バーグマン『ハリウッドに別れを』1984年12月、河出書房新社
  • ジョゼフ・ウォンボー『ハリウッドの殺人』1984年3月、早川書房)
  • ダグラス・フェアベアン『ストリート8』(1982年2月、早川書房)

脚注[編集]

  1. ^ 『推理作家謎友録 日本推理作家協会70周年記念エッセイ』 (角川文庫)

出典[編集]

  • 日外アソシエーツ現代人物情報
  • 下記の本人サイトの記述

外部リンク[編集]