曽根崎川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曽根崎川(そねざきがわ)は、大阪府大阪市北区福島区にかつて存在した河川である。別名は蜆川(しじみがわ)。

概要[編集]

曽根崎川の碑
新地本通
(左側が曽根崎川跡)

堂島川水晶橋 - 大江橋間より北へ分岐し、北新地の新地本通と堂島上通を両岸に西流、ほたるまち関西電力病院の北を通り、堂島大橋 - 船津橋間で再び堂島川に合流していた。

別名の蜆川の呼称は、堂島が多く取れたことに由来する、或いは改修が繰り返されて川幅が縮んだので「ちぢみ川」から転訛したとも言われている[1]

歴史[編集]

貞享元禄年間に河村瑞賢によって河川改修が行われ、1685年(貞享2年)に堂島新地(左岸)、1708年宝永5年)に曽根崎新地(右岸)が拓かれ、米市場歓楽街として発展。近松門左衛門の『曾根崎心中』や『心中天網島』にも登場する。1909年明治42年)に北の大火天満焼け)が発生した際に、瓦礫の廃棄場所となって緑橋(梅田入堀川)より上流側が埋め立てられ、1924年大正13年)には下流側も埋め立てられて消滅した。

架かっていた橋[編集]

上流から

脚注[編集]

関連項目[編集]