景気ウォッチャー調査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

景気ウォッチャー調査(けいきウォッチャーちょうさ)は、2000年(平成12年)から毎月、内閣府が調査し発表している景気に関する指標のことである。

概要[編集]

北海道東北北関東南関東東海北陸近畿中国四国九州沖縄の11地域が対象に百貨店スーパーマーケットコンビニエンスストアなどの小売店や、タクシー運転手、レジャー業界など景気に敏感な職種の人々[1]にインタビューをし、調査結果を集計・分析した上、景気動向の指標として発表している。「街角景気」とも呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ 「調査客体の地域別・分野別構成」は下記外部リンク参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]