時山直八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

時山 直八(ときやま なおはち、天保9年1月1日1838年1月26日) - 慶応4年5月13日1868年7月2日))は、江戸時代末期(幕末)の武士萩藩士。諱を養直、通称は松太郎、直八。変名に萩野鹿助、玉江三平、雅号に白水山人、海月坊、梅南、漂流坊、玉江浪人などがある。

生涯[編集]

天保(1838年)元旦、萩城外の奥玉江にて士雇・時山茂作の子として生まれた。

同藩の槍術師範・岡部半蔵に宝蔵院流を習う。また、嘉永3年(1850年)頃、吉田松陰松下村塾にて学んだ。

高杉晋作らとともに尊王攘夷運動に参加するが、攘夷の不可能を悟ると討幕運動に邁進した。また、八月十八日の政変禁門の変長州征伐などの数々の戦争において、奇兵隊参謀として活躍した。

慶応4年(1868年)、北越戦争における越後長岡藩との朝日山攻防戦において、陣頭に立って指揮し立見尚文率いる桑名藩兵と戦ったが、顔面を狙撃されて即死した。享年31。なお、戦場の最前線であったため、奇兵隊士は時山の首を掻き斬って持ち帰るのが精一杯で、遺体は放置されたという。

備考[編集]

  • 吉田松陰は時山を「中々の奇男子なり、愛すべし」と評して、一目置いていた。
  • 他の奇兵隊士とともに撮影した写真が現存する。
  • 品川弥二郎は後年まで時山の死を悼み、山縣有朋に対して「時山を殺したのはお前だ」と非難を続けたという。

関連作品[編集]

小説
テレビドラマ