昭和ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昭和ビル
Showa Building (Yokohama).jpg
情報
旧名称 カストム・ブローカー・ビル
用途 オフィス、店舗
設計者 川崎鉄三
施工 戸田組[1]
構造形式 鉄筋コンクリート構造[2]
階数 地上3階
竣工 1932年[2][注釈 1]
所在地 231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通1丁目
座標 北緯35度26分53.85秒 東経139度38分36.23秒 / 北緯35.4482917度 東経139.6433972度 / 35.4482917; 139.6433972座標: 北緯35度26分53.85秒 東経139度38分36.23秒 / 北緯35.4482917度 東経139.6433972度 / 35.4482917; 139.6433972
テンプレートを表示

昭和ビル(しょうわビル)は、神奈川県横浜市中区海岸通1丁目に所在する建築物である。

歴史[編集]

海岸通と日本大通がT字路となる、現在の開港資料館前交差点付近に、1932年昭和7年)[2][注釈 1]に建設された。当初はカストム・ブローカー・ビル[注釈 2]の名称で、昭和ビルと、ほぼ同じデザインのキッコーマンビルの2館で構成されていたが、キッコーマンビルは2000年に解体され[4]、裏手の東西上屋倉庫2008年解体)とともに象の鼻パークとして整備された[5]

建築[編集]

海岸通1丁目の街並み。通り沿いに、手前から昭和ビル、キッコーマンビル跡、横浜海洋会館横浜貿易会館

スクラッチタイル張りの外観が特徴的で[1]、1階にはカフェ弁当店が入る。通りから見て右隣にあったキッコーマンビルもほぼ同一の意匠であり、1階でつながっていた。昭和ビルの中心から左半分は、地図の発行年によって「並木ビル」「藤本ビル」とも表記されていた[3]。本ビルを設計した川崎鉄三は海岸通沿いに建つ横浜貿易会館大さん橋近くのジャパンエキスプレスビル山下町インペリアルビルなど大正末期から昭和初期にかけての関内地区のオフィスビルを多く手掛けている[4]

注釈[編集]

  1. ^ a b 1929年[3]1931年[4]竣工とする資料もあり
  2. ^ カスタム・ブローカー・ビルとも。customs broker=通関業者

脚注[編集]

  1. ^ a b 昭和ビル(旧カストムブローカービル)(横浜市建築設計協同組合)
  2. ^ a b c 『東京&横浜の長寿建築 続』
  3. ^ a b 海岸通り界隈”. 週刊 横濱80's (2014年12月21日). 2016年7月2日閲覧。
  4. ^ a b c 吉田鋼市川崎鉄三 昭和初期の横浜のモダニズム建築の先駆者」 (pdf) 『横濱新聞』第25巻、横浜歴史資産調査会、2011年3月18日。
  5. ^ 東西上屋倉庫(横浜近代建築アーカイブクラブ)

参考文献[編集]

  • 川本明生『東京&横浜の長寿建築 続』深夜叢書社、2014年7月、146頁。ISBN 978-4-88032-416-6