明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 明日香法、明日香村特別措置法
法令番号 昭和55年5月26日法律第60号
効力 現行法
種類 行政法
主な内容 明日香村の歴史的風土の保存等
関連法令 都市計画法建築基準法古都保存法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法(あすかむらにおけるれきしてきふうどのほぞんおよびせいかつかんきょうのせいびとうにかんするとくべつそちほう、昭和55年5月26日法律第60号)(略して明日香法とも呼ばれる[1]とは、明日香村の史跡保存を目的として制定された日本法律である。

概要[編集]

明日香法の要点は二つあり、一つは、村内全域を歴史的風土保存の対象とすることである。駅前の一部以外を除いてほとんどが風致地区であり、建築には厳しい制限がかけられている。もう一つは、住民の生活安定である。

  • 村全域の歴史的風土保存地区対象化
  • 明日香村の整備計画と整備基金
    • 整備計画は、明日香村の歴史的風土の維持・保存と同時に、生活環境を整え村を発展させていくため、道路・下水道・公園・教育施設・農業環境などの整備をはかる。

松下幸之助がひいきにしていた大阪の鍼灸師・御井敬三が、明日香村の遺跡の保存を訴え、松下から佐藤栄作首相へと伝えられたことから、法制化へと進んだ。これとは別に三木睦子らによる保存運動もあった。

関連項目[編集]

御注[編集]