明利英司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

明利 英司(めいり えいじ、1985年 - )は、日本小説家推理作家鹿児島県生まれ。宮崎県で育ち、東京都在住(2014年現在)。都城高等学校卒業[1]

高校卒業後、上京し音楽専門学校に入学。アルバイトをしながら音楽活動をする。その後居酒屋を経営しながら、執筆活動を始める。2012年、「瑠璃色の一室」が第11回『このミステリーがすごい!』大賞の一次選考を通過[2]2013年、『旧校舎は茜色の迷宮』(応募時のタイトルは「ビリーバーの賛歌」)で第6回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作に選ばれる。2014年、同作で本格的に小説家デビュー。

作品リスト[編集]

  • 茜(2009年3月 ブログハウス)
  • 僕の手紙(2009年12月 ブログハウス)
  • 旧校舎は茜色の迷宮(2014年8月 講談社ノベルス
  • 幽歴探偵アカイバラ(2016年4月 講談社ノベルス)
  • 憑きもどり(2017年3月 さんが文庫)

脚注[編集]

外部リンク[編集]