旧赤坂高等尋常小学校本館校舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:建物の写真の画像提供をお願いします。2016年8月

旧赤坂高等尋常小学校本館校舎(きゅうあかさかこうとうじんじょうしょうがっこうほんかんこうしゃ)は、岡山県赤磐市馬屋に保管されている木造二階建ての元小学校の建築物。「岡山県の近代化遺産」の一つである。

概要[編集]

1910年(明治43年)、現在の岡山県久米郡久米南町にあたる里方村に赤坂尋常高等小学校の本棟として建設された[1][2]。1927年(昭和2年)に開校当初に教室として使用させてもらっていた誕生寺の名前を冠して『誕生寺尋常高等小学校』と改称した[1][2]。昭和45年まで校舎は使用された[3]。校舎新築のために一度解体されたが校舎保存運動があり、1974年(昭和49年)現在の場所[4]に移築された。移設には福武書店を設立した福武哲彦の協力があった[2]。その関係で岡山進研学院に譲渡された形となっている。移築後は倉庫として使用されている。

建物の特徴[編集]

ルネッサンス洋式の木造2階建て寄棟造の主棟に木造平屋切妻造の西翼棟が接続されている[2]。正面中央の玄関口には、木製のハンマービームトラス状の装飾構造物が取り付けられているのが目立つ[2]。基礎は上下を切石、中間を煉瓦積みとしている[2]。外壁は腰回りが堅羽目板を採用し、他の部分は下見板張としている[2]。2階は上部に交差筋交をいれたハーフティンバーとなっており、屋根窓には菊水の紋章が取り付けられている。2階部分は講堂となっており、面積は6間×10間あり、折り上げ格天井方式になっている[2]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 明治期の旧校舎を模型に 水島工高・建築研究部 誕生寺小(久米南)に寄贈 2年半かけ4人で製作 2003.09.04 第一全県-15版 27頁 山陽新聞朝刊 写有 (全457字) 
  2. ^ a b c d e f g h 閑谷学校資料館での掲示資料の内容による
  3. ^ 昭和48年まで使用されたという資料もある
  4. ^ 昭和48年に高月小学校が廃校になって遊休地となっていた場所

座標: 北緯34度43分57.2秒 東経133度59分31.5秒 / 北緯34.732556度 東経133.992083度 / 34.732556; 133.992083