福武哲彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福武 哲彦(ふくたけ てつひこ 1915年 - 1986年4月26日)は、福武書店・後のベネッセコーポレーションの創業者、教師[1][2]

生涯[編集]

岡山師範学校卒業後、教職に就く。1935年岡山県上房郡大和村立大和尋常高等小学校(その後の加賀郡吉備中央町)に教師として赴任。当時20歳であった。

その後県職員を経て、1949年(昭和24年)岡山市内に問題集などを取り扱う出版社株式会社富士出版を設立[1]。会社は1954年(昭和29年)7月20日に倒産する[1]

その後福武書店として、生徒手帳の印刷と年賀状の手本集を印刷し、富士出版時代の借金を返済。

1955年(昭和30年)1月28日、資本金50万円、社員6人で福武書店を株式会社化して再スタートした[1]

1963年(昭和43年)、いわゆる通信教育である通信添削「進研ゼミ」高校講座を始めた[1]。その後対象を小中学校に拡大、全国模擬試験を手掛けるなど、『福武書店』を総合教育情報出版会社として成長させた[1]1974年(昭和49年)、旧赤坂高等尋常小学校本館校舎を移設・保存する際には資金を提供した。1986年には進研ゼミは会員数100万人となり、通信添削業界のトップ企業となった[1]。学術図書や絵本、雑誌など多方面の出版にも業務を拡大した[1]

美術品の収集が趣味で、20世紀前半にアメリカで活躍した国吉康雄の代表作百数点やルノワールシャガールなどの名作を収集し[1]、福武コレクションと呼ばれた[1]

1986年4月26日、急性心不全のため岡山市の榊原十全病院で死去。享年70[1]。福武書店は長男の福武總一郎が継承した[3]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 福武哲彦氏死去 100万人の通信添削、「進研ゼミ」育てる 朝日新聞 1986年04月26日 東京夕刊 19頁
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 福武書店社長に福武総一郎氏 1986年5月25日 朝日新聞 東京朝刊

関連項目[編集]