日高川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日高川駅
日高川駅跡(2018年3月30日)
日高川駅跡(2018年3月30日)
ひだかがわ
HIDAKAGAWA
西御坊 (0.7km)
所在地 和歌山県御坊市名屋町
所属事業者 紀州鉄道
所属路線 紀州鉄道線
キロ程 3.4km(御坊起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1934年昭和9年)8月10日
廃止年月日 1989年平成元年)4月1日
テンプレートを表示
2003年3月31日

日高川駅(ひだかがわえき)は、和歌山県御坊市にあった紀州鉄道紀州鉄道線である。かつては同線の終着駅であったが、1989年(平成元年)に西御坊駅以南の廃線に伴い廃止された。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線のホームと2本の側線を持つ地上駅であった。ホームは現在も多少崩れている箇所はあるが残されている。かつては、王子製紙春日井工場に原材料のチップを運搬する国鉄貨車が出入りしていた。しかし、末期には列車が1日で2往復しかないほどになった。

戦前機関庫が設けられるなど、鉄道線の中枢駅として機能していた。しかし、太平洋戦争中の1945年(昭和20年)6月22日空襲に遭い、駅舎や機関庫は全焼した。

歴史[編集]

廃線跡の現状[編集]

西御坊駅と日高川駅の間は廃止から20年以上たった今でも線路が残されており、周辺住民の生活道路となっている(ただし、一部区間には「紀州鉄道管理地 立入禁止」の看板が立てられている)。また、腕木式信号機踏切(使用中止の標記あり)も残っている。

日高川駅では線路が当時のまま残っているほか、駅の中程にある橋が残っている。転轍機も残っていた(但し分岐装置は作動しなかった)が、撤去されている。

その他[編集]

  • 日高川駅と西御坊駅との間にはかつて日の出紡績駅という駅があったが、1941年(昭和16年)に廃止された。
  • 当駅跡を2017年に廃車となるキテツ2形を活用し、列車運転体験などが出来る鉄道公園として整備する構想がある[1]

隣の駅[編集]

紀州鉄道
紀州鉄道線
西御坊駅 - 日高川駅

脚注[編集]

  1. ^ 紀州新聞 2017年4月16日付

関連項目[編集]