日野栄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日野 栄子(ひの えいし[1]、えいこ[2]明徳元年/元中7年(1390年[2]) - 永享3年7月27日1431年9月3日))は、室町時代中期の女性日野重光の妹。室町幕府第4代将軍・足利義持正室。同第5代将軍・足利義量の生母にあたる[1][2]

生涯[編集]

権大納言日野資康の娘で、大納言日野重光の妹にあたる[1][2]。他に兄に日野豊光、姉に第3代将軍・足利義満正室となった日野康子、叔母に日野業子がいる。足利義持の正室として嫁ぎ、応永14年7月24日1407年8月27日)に義量を生んだ[1]

義持との夫婦仲は良好で[註 1]、義持が奈良伊勢参詣に赴く際には同伴している[2]。栄子も神仏への信仰心が深く[註 2]伊勢神宮熊野詣に何度も出かけた[註 3]。義持と同じ趣味である田楽を好んだ。

義持の晩年には大方殿と呼ばれた[3]。応永32年2月27日1425年3月17日)に義量が19歳で早世し、義持も応永35年1月18日1428年2月3日)に43歳で死去すると、1月19日に常徳院海門和尚戒師として落髪し[註 4]、慈受院と号した[1][3]。同日に宣下があり、従一位に叙された[3]。6月に第6代将軍・足利義教の婚儀があり、その正室には重光の娘・日野宗子に決定するが、宗子は「不受の気色(不同意、同意しない)」を示したという。このため栄子が宗子を説得して嫁がせたと伝わる[3]

永享3年(1431年)7月27日に死去[1][4]。享年42[1][4]。戒名は竹庭大禅定尼浄賢[1]

将軍の義教が栄子の死に何らかの行動を取った記録は無い[4][註 5]

義持との間には義量以外にも2人ずつ男女(男子の名は不明、女子は大聖寺慈敬喝食御所)がいたようだが[註 6][4]、男子は早世し、女子はどうなったかは不明である[5]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 康富記』応永24年8月24日条によると「室町殿奈良御参詣と云々、御台同御参と云々」とある。
  2. ^ 康富記』応永27年12月9日条によると「今日室町殿(義持)御台方御参宮なり、御輿十七丁、騎馬三十騎と云々」とある。
  3. ^ 花営三代記』応永28年3月16日条によると「御台様熊野御参詣有り」とある。
  4. ^ 建内記
  5. ^ 満済准后日記』では「大方殿今晩卯末か他界、今日御訪のため諸大名参る」とある。
  6. ^ 花営三代記』応永29年8月24日条によると「御所様公文所より、北野社十七日御参籠あり、御台様、両御喝食姫公御参宮」とある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 安田元久 編『鎌倉・室町人名事典コンパクト版』新人物往来社、1990年、p.486
  2. ^ a b c d e 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.218
  3. ^ a b c d 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.219
  4. ^ a b c d 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.220
  5. ^ 伊藤喜良 著『人物叢書‐足利義持』吉川弘文館、2008年、p.254

参考文献[編集]

書籍
史料
  • 『満済准后日記』
  • 『康富記』
  • 『花営三代記』
  • 『建内記』