日根神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日根神社
日根神社拝殿
拝殿
所在地 大阪府泉佐野市日根野631-1
位置 北緯34度22分25.61秒
東経135度20分36.89秒
主祭神 鸕鷀草葺不合尊
玉依姫尊
社格 式内社(小)
和泉国五宮
府社
創建 不詳
別名 大井関明神、大井堰神社
例祭 5月8日(渡御神事)
テンプレートを表示

日根神社(ひねじんじゃ)は、大阪府泉佐野市日根野にある神社和泉国日根郡式内社で、和泉五社の一つ(和泉国五宮)。

御旅所が同市長滝熊野街道紀州街道和歌山貝塚線)沿いにある。

歴史[編集]

創建の時期は明らかではない。霊亀2年(716年)に制定された和泉五社のうちに数えられており、延喜式内社日根郡十座のうちに列せられていることから、1200年以上前であると考えられる。 聖武天皇の御代、天平十四年の大旱魃の際には五百石を賜っている。

日根神社本殿(桃山時代入母屋造

現在の本殿は、社伝によれば天正年間(1573年-1593年)に兵火によって焼失したものを、豊臣秀頼が再建したものと言われている。

明治6年(1873年)には郷社定則により郷社に指定され、大正13年(1924年)には府社に昇格した。

この本殿は昭和47年(1972年)3月31日に府指定有形文化財(建第20号)に指定されている。

境外摂社[編集]

比賣神社
  • 比賣神社 - 式内社。御祭神は大日靈貴尊素盞嗚命清和天皇貞観元年に官社に列格した。
  • 丹生神社(野々宮) - 御祭神は丹生都比売大神(稚日女尊)、丹生高野御子大神(狩場明神
    • 歓請 - 聖武天皇代天平三十年
    • 本社 - 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字天野、元官幣大社丹生都毘売神社(天野大社)
    • 祭礼 - 10月10日
  • 恵毘須宮(丹生神社末社) - 御祭神は事代主尊(恵毘須宮)
    • 由緒 - 「不詳であるが、天保十一年遷宮以降恵毘須宮を改称、明治四十一年現在地に丹生神社へ三神合祀される」とある。
  • 岡前神社

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]