日本高周波鋼業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本高周波鋼業株式会社
Nippon Koshuha Steel Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5476
1952年2月4日上場
大証1部(廃止) 5476
1952年2月 - 2003年3月
本社所在地 日本の旗 日本
101-0032
東京都千代田区岩本町一丁目10番5号
設立 1950年(昭和25年)5月18日
業種 鉄鋼
法人番号 1010001016852
事業内容 高級特殊鋼および超合金の製造販売
各種高級特殊鋼および超合金の線・棒・鍛造品・加工品
冷間圧造品
複合成形品
代表者 河瀬 昌博(代表取締役社長)
資本金 156億69百万円
発行済株式総数 146,876,174株
売上高 連結:379億98百万円
単独:251億92百万円
(2013年3月期)
純資産 連結:180億83百万円
単独:183億52百万円
(2013年3月現在)
総資産 連結:383億47百万円
単独:321億96百万円
(2013年3月現在)
従業員数 連結:1,155名 単独:508名
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)神戸製鋼所 51.57%
浅井産業(株) 1.84%
(2013年3月31日現在)
主要子会社 高周波鋳造(株) 100%
(株)カムス 100%
高周波精密(株) 100%
外部リンク http://www.koshuha.co.jp/
テンプレートを表示

日本高周波鋼業株式会社(にっぽんこうしゅうはこうぎょう、Nippon Koshuha Steel Co.,Ltd.)は、特殊鋼老舗メーカー。

沿革[編集]

  • 1936年(昭和11年)1月 - 前身となる「日本高周波重工業株式会社」設立。本社、朝鮮京城府 、工具鋼製造に関し日立金属安来工場および冶金研究所に次ぐ歴史がある。
  • 1950年(昭和25年)5月 - 「日本高周波重工業株式会社」の内地資産を継承して、新たに『日本高周波鋼業株式会社』発足
  • 1952年(昭和27年)2月 - 東証、大証取引所に上場。
  • 1957年(昭和32年)6月 - 本社を北品川から大手町サンケイビル別館へ移す
  • 1981年(昭和56年)5月 - 八戸工場を分離して鋳物生産専門の「高周波鋳造株式会社」を新発足。
  • 1996年(平成8年)1月 - 富山製造所にてISO9002を取得。
  • 1999年(平成11年)9月 - 本社を千代田区大手町から中央区日本橋へ移す。
  • 2001年(平成13年)6月 - 市川工場を分離して金型・工具生産・販売の「高周波精密株式会社」を新発足。
  • 2001年(平成13年)7月 - 本社を中央区日本橋から千代田区岩本町へ移す。
  • 2008年(平成20年)8月 - (株)カムス中部テクノセンター表面処理工場完成
  • 2008年(平成20年)9月24日 - 富山製造所は2003年4月から5年間鋼材206トンのJISによる強度試験をせずデータねつ造でJIS表示認定を取り消された[1][2]
  • 2009年(平成21年)12月 - 富山製造所、分塊加熱炉をロータリー式からバッチ式に更新。

製品[編集]

  • 工具鋼
  • 特殊合金製品
  • ステンレス鋼
  • 特殊加工品

事業所[編集]

本社[編集]

  • 東京都千代田区岩本町1-10-5TMMビル8F

支店等[編集]

大阪支店

  • 大阪府大阪市北区浪花町12-24 赤坂天六ビル7階

名古屋支店

  • 愛知県瀬戸市暁町9 (株式会社カムス 中部テクノセンター内)

バンコク事務所

  • 39/9 Rama 3Rd.,Chongnonsee ,Yannawa,Bangkok 10120 ,Thailand

工場[編集]

富山製造所

  • 富山県射水市八幡町3-10-15

関係会社[編集]

高周波鋳造株式会社

  • 青森県八戸市沼館4-7-108

高周波精密株式会社

  • 千葉県市川市東浜1-1

株式会社カムス

  • 群馬県太田市植木野町328

エヌケイ精工株式会社

  • 富山県射水市八幡町3-10-15 富山製造所内

株式会社東北コアセンター

  • 青森県八戸市沼館4-7-108 高周波鋳造内

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞2008年9月25日38面
  2. ^ 富山製造所のJIS表示認定取り消しについて、日本高周波鋼業(PDFファイル)

外部リンク[編集]