日本金属工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本金属工業株式会社
Nippon Metal Industry Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5479
1949年5月16日 - 2012年9月26日
略称 日金工
本社所在地 日本の旗 日本
163-0470
愛知県碧南市浜町1
設立 1932年6月15日
業種 鉄鋼
事業内容 ステンレス・耐熱鋼の製造
資本金 134億08百万円
売上高 530億72百万円
純資産 7億67百万円
総資産 580億42百万円
従業員数 連結:818名 単独:634名
決算期 3月31日
主要株主 日新製鋼ホールディングス株式会社 100%
主要子会社 日金工商事株式会社 100%
日金工鋼管株式会社 100%
日金加工株式会社 100%
特記事項:各種経営指標は2013年3月期。従業員数のみ2012年3月31日現在。
テンプレートを表示

日本金属工業株式会社(にっぽんきんぞくこうぎょう、英文名称:Nippon Metal Industry Co., Ltd.)は、かつて存在した日本鉄鋼メーカー。

2012年10月に日新製鋼と経営統合し日新製鋼ホールディングスの完全子会社となったが、2014年4月1日に日新製鋼ホールディングス及び日新製鋼と合併し、解散した。

沿革[編集]

  • 1932年6月15日 - 設立。
  • 1940年 - 鋼板の一貫生産体制を確立。
  • 1949年 - 東京証券取引所に株式上場。
  • 1952年 - 日本染色機械株式会社を連結子会社化。
  • 1955年 - 日金加工株式会社の株式を取得。
  • 1956年6月9日 - 大阪証券取引所に株式上場。
  • 1957年 - 浪速ステンレス工業株式会社の株式を取得。
  • 1964年 - 金星工業株式会社の株式を取得。
  • 1965年 - 金星工業の商号を金星ステンレス株式会社に変更。日本引抜工業株式会社の株式を取得。
  • 1985年 - 金星ステンレスの商号を日金工商事株式会社に変更。
  • 1986年 - 日本染色機械の商号を株式会社ニツセンに変更。
  • 1990年 - 日本引抜工業の商号を日金工鋼管株式会社に変更。
  • 2000年1月 - 川崎製鉄(JFEスチールの前身)と提携。
  • 2002年6月19日 - 新日本製鐵と提携。
  • 2004年9月 - 日新製鋼とステンレス事業で提携。
  • 2005年 - 浪速ステンレス工業を日金加工に統合。
  • 2007年1月18日 - ニッセンを日金加工に統合。
  • 2009年
  • 2012年10月1日 - 日新製鋼との共同株式移転により日新製鋼ホールディングスを設立。販売機能を日新製鋼に統合。本社を現在地に移転。
  • 2014年4月1日 - 日新製鋼ホールディングスを存続会社とし、日新製鋼及び日本金属工業を消滅会社とする吸収合併を実施。存続会社の商号を日新製鋼株式会社とした。

製品[編集]

ステンレス鋼

  • ステンレス鋼板
  • 塗装ステンレス鋼板
  • 建材関連商品
  • 極薄鋼帯

機能材料

  • クラッド材料
  • メタルラス

関連企業[編集]

子会社[編集]

企業 事業内容 資本金
日本の旗 日本 日金工商事(現・日新ステンレス商事) 鉄鋼・金属・加工製品の販売 1億8,000万円
日金工鋼管(現・日新製鋼ステンレス鋼管) 溶接鋼管の製造 2億5,000万円
日金加工(現・日新加工) 鋼材の加工 8,000万円
シンガポールの旗 シンガポール NIPPON METAL SERVICES(S) PTE LTD.
(現・NISSHIN METAL SERVICES(S) PTE LTD.)
ステンレス製品の製造・販売 21万S$
マレーシアの旗 マレーシア NIPPON METAL SERVICES(M) SDN.BHD.
(現・NISSHIN METAL SERVICES(M) SDN.BHD.)
ステンレス鋼材の加工・販売 900万RM