日本喫煙具協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人日本喫煙具協会(にほんきつえんぐきょうかい、: THE JAPAN SMOKING ARTICLES CORPORATE ASSOCIATION、略称JSACA)は、ライターパイプなどの喫煙具に関する製造業者、流通業者、輸出入業者により組織された業界団体であり、以前は経済産業省所管の社団法人である。

概要[編集]

主な事業[編集]

  • 喫煙具やタバコ全般の知識を習得できる「喫煙具アドバイザー資格」認定講座の実施。
  • 喫煙具カタログの発行(年1回)
  • 毎年11月11日をライターの日と定め、それに合わせて2006年より広報イベント「喫煙具の祭典」を開催。2008年からは、ライターの似合う著名人「LIGHTER MAN」の選定を実施。2008年は宮川大輔、2009年は石田純一であった。
  • 1982年より、「シガレットライター安全基準」を策定。これに基づいた形式確認検査を実施している[1]

脚注[編集]

  1. ^ ライターの自主基準について(日本喫煙具協会) (PDF) 消費経済審議会製品安全部会ライターワーキンググループ(第2回)議事次第資料より

外部リンク[編集]