新発田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新発田氏
No image available.svg
三つ星
本姓 宇多源氏佐々木氏流加地庶流[1]
種別 武家
出身地 越後国蒲原郡新発田邑[1]
主な根拠地 越後国蒲原郡新発田城[1]
支流、分家 新発田長敦[1]
新発田重家[1]
凡例 / Category:日本の氏族

新発田氏(しばたし)は北越後国人で、「揚北衆」と呼ばれた。

佐々木盛綱を祖とする佐々木党であり、加地氏の庶流[1]。一族に五十公野氏がいる[1]



概要[編集]

室町時代頃より加地氏より分かれ、代々新発田城新潟県新発田市)を本拠とし新潟津(新潟県新潟市)から三条島(新潟県三条市)までに及ぶ周辺を支配していた。新発田長敦の代には上杉謙信に従い、天正6年(1578年)の謙信没後に勃発した御館の乱では上杉景勝に従って活躍したが、長敦が急死。急遽きゅうきょ弟の重家が新発田家を継いだが、これが原因で恩賞から漏れ、天正9年(1581年)景勝に対して反乱を起こした(新発田重家の乱[1]。しかし天正15年(1587年)、五十公野城に続き本拠地の新発田城が落城[1]。越後国の領主としての新発田氏は滅亡した。

ただし重家の弟、盛喜は色部長実の仲介によって後に帰参。母方の姓である新保氏を名乗り、子孫は代々米沢藩侍組として家名を繋いだ。

主な一族[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 太田 1934, p. 2804.

参考文献[編集]