文化財庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
文化財庁
各種表記
ハングル 문화재청
漢字 文化財廳
発音 ムナジェチョン
日本語読み: ぶんかざいちょう
英語表記: Cultural Heritage Administration

文化財庁(ぶんかざいちょう)は、大韓民国における文化体育観光部傘下の国家行政機関

沿革[編集]

役割[編集]

文化財の保存、管理、活用、調査、研究及び宣揚に関する事務を遂行する。

所在地[編集]

組織[編集]

2019年2月現在[1]

幹部[編集]

  • 庁長
    • 代弁人
  • 次長
    • 企画調整官

下部組織[編集]

  • 運営支援課
  • 文化財政策局
  • 文化財保存局
  • 文化財活用局

所属機関[編集]

  • 韓国伝統文化大学校
    • 伝統文化教育院
  • 国立故宮博物館
  • 顕忠祠管理所
    • 陰峰分所
  • 七百義塚管理所
  • 万人義塚管理所
  • 国立無形遺産院
  • 国立文化財研究所
    • 地方文化財研究所(慶州、扶余、伽耶、羅州、中原、江華)
    • 文化財保存科学センター
  • 国立海洋文化財研究所
  • 宮陵遺跡本部

脚注[編集]

  1. ^ 大統領令第29590号(2019年2月26日改正・施行)『文化財庁とその所属機関職制』、文化体育観光部令第348号(2019年2月26日改正・施行)『文化財庁とその所属機関職制施行規則』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]