探偵ブギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

探偵ブギ』(たんていブギ)は、2006年1月10日から同年3月28日まで毎週火曜 23:30~24:00に東京MXテレビで放送されたテレビドラマである。全12話。フォーサイド・ドット・コム一社提供

あらすじ[編集]

春青学園大学の1980年代オタクの阿木、松井、三浦の三人は暗い今時の青春にうんざりしていた。

栄光の1980年代を取り戻すため三人は探偵事務所を設立した。そんな事務所に応募したのは板野、堀内の二人だけ。そんな五人が事件を解決する青春物語。

キャスト[編集]

  • 阿木竜介(林剛史
    春青学園大学の二年生。学籍番号 0741502。1980年代と探偵をこよなく愛する正義感の強い変人。
    九州出身で経済学のレポートで「現代における松田聖子待望論」を発表した。
  • 松井駿(椿隆之
    田原俊彦を歌いだしたら止まらない。1970年代、80年代の探偵物や刑事物にうるさい。北海道旭川市出身。深夜のコンビニでアルバイトをしている。
  • 三浦義彦(吉田友一
    春青学園大学理工学部の二年生。学籍番号 0793546。頭の切れがよくテクノ系に強い。
    経済学のレポートで「魔界村における裏技行使の心理」を発表した。
  • 板野展子(上野未来
    春青学園大学経済学部経済学科の二年生。学籍番号 0781532。誕生日は昭和63年11月13日。
    1980年代ファッションにうるさく、経済学のレポートで「80年代ファッションの変遷」を発表した。
  • 堀内京子(松井絵里奈
    春青学園大学のマドンナ。学籍番号 0761149。性格は内気で、ストーカーに勝手にファンサイトを作られたことがある。経済学のレポートで「私の中のもう一人の私」を発表した。
  • 前田カオル(螢雪次朗
純喫茶「蛍の光」のマスター。

タイトルとゲスト[編集]

  • 第1話 スイート・アン? メモリーズ 堀内京子のファンサイトを作った理工学部一年の安西の彼女 (石井めぐる
  • 第2話 さよならアイドル アイドルの市村チエ (後藤ゆきこ
  • 第3話 ガールズドントクライ 教育啓発サークル「ジェンダーフリー」代表 内田敦(波岡一喜
  • 第4話 消えたラブストーリー
  • 第5話 美少女探偵 天使のキッス 松井駿の従妹 山中小学校に通う小学生 園田かおり(宮内彩花
  • 第6話 ビフォーアフター 大学生 吉田敦子(愛川ゆず季
  • 第7話 真昼の決闘 大学三年生 サバイバルゲーム愛好会所属 大泉ハルカ(相澤仁美
  • 第8話 キープオンムービング 安めぐみ (安めぐみ
  • 第9話 ラストコンフェッション 板野展子を逆恨みする 謎の女(工藤里紗
  • 第10話 オリーブ少女の恋 経済学部二年生 早川未来(小阪由佳
  • 第11話 運命のダイヤル パラレルワールドから来た学生 松島さゆり(熊田曜子
  • 第12話 この素晴らしき世界 パラレルワールドから来た学生 松島さゆり(熊田曜子)

春青学園大学について[編集]

東京都光崎市南中村町1-17-1
学長:大下隆史
文学部経済学部理工学部と第二部がある。ちなみに撮影場所は東京工芸大学

青春金言集[編集]

話の最後に阿木竜介が言う青春に関する一言。

  • 第1話 「青春とは、常に予想外の展開が起こるものだ」
  • 第2話 「青春街道、無理に通れば罪作り、知っていながら通します!」
  • 第3話 「青春とは、アコガレだ!」
  • 第4話 「青春とは、他人の恋路をうらやむことなり!」
  • 第5話 「悪い女と悪友ほど、離れられない運命にある…」
  • 第6話 「青春とは、自分に負けないことである」
  • 第7話 「青春とは、サバイバルだ!」
  • 第8話 「青春とは、最後までやり遂げる事だ!」
  • 第9話 「青春とは、命カラガラである!」
  • 第10話 「青春とは、いつでもどこでも、そこにあるもの。今、青春。そう思ったときが、青春!」
  • 第11話 (次回に続く!)
  • 第12話 「青春とは、素晴らしい!」

未OAのストーリー[編集]

実は第十話だったはずの「マドンナ失踪」の回は放送されていない。ゲストは木谷将紀

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

関連商品[編集]

  • 探偵ブギ DVD-BOX(2006年7月28日、フォーサイド・ドット・コム)

外部リンク[編集]