拷問官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

拷問官(英:Tormentor)とは、刑事事件被疑者に対して拷問による取調べを行うことを職務とする公務員である。「拷問吏」と呼ばれることもある。

フランスではフランソワ・プリュドム(François Prudhomme)やジュール・トロンソン(Jules Tronçon)など、拷問官から死刑執行人に転職した人物もいる。

拷問官という職業は裏方であり、忌み嫌われていた上に職務が非公開であったため、どのような人物が行っていたのか記録が乏しい。フランス公文書館に保管されている公文書から当時、働いていた拷問官の名前や給与が読み取れるぐらいしかない。比較的詳細な人物像がわかっているのはサンソン回想録に登場するフランソワ・プリュドムとジュール・トロンソンぐらいである。

彼らは拷問の廃止に伴い公務員としての職を失った。フランスにおける拷問官は被差別階級に属する人間であり、再就職が満足に出来なかったと言われている。その多くは失職時に国からわずかな年金の支給を受けていたので細々と食いつないでいたという。