コンテンツにスキップ

折笠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

折笠 良(おりかさ りょう、1986年 - )は、茨城県出身のアニメーション作家。

来歴・人物

[編集]

1986年生まれ。茨城大学教育学部、イメージフォーラム映像研究所、東京藝術大学大学院映像研究科で学ぶ。2015年9月から2016年8月まで、文化庁新進芸術家海外研修員としてモントリオールに滞在。

詩や文学をモチーフに、繊細に手の込んだ独特な世界観を示す短編映像を発表している。2009年に『浪疾の人~或る小説家の話~』が京都国際学生映画祭で入選し、2015年には『水準原点』は第70回毎日映画コンクール大藤信郎賞のほか、世界4大アニメーションフェスティバルに数えられるザグレブ国際アニメーション映画祭でゴールデンザグレブ賞(準グランプリ)を、日本人として初めて受賞した。さらに、オタワ国際アニメーション映画祭で最優秀実験・抽象作品賞を受賞するなど、国内外で高く評価されている。

作品

[編集]
  • Scripta volant(2011年)
  • 水準原点(2015年)
  • Notre chambre(われわれの部屋、2016年)
  • 環ROY - ことの次第(2017年)

外部リンク

[編集]