戸上研之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸上 研之 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Kaneyuki TOGAMI [1][2]
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技(跳躍)
種目 走幅跳三段跳
大学 関西大学
生誕地 熊本県鹿本郡(現在の山鹿市
編集 テンプレートのヘルプを表示する

戸上 研之(とがみ かねゆき[1][2]1912年8月1日[3] - ?)は、日本の陸上競技(跳躍)選手。1936年ベルリンオリンピックで男子走幅跳に出場した[3]

生涯[編集]

現在の熊本県山鹿市石(旧鹿本郡八幡村)出身[4]。同窓の谷口睦生(短距離走、八代出身)とともに宇土中学校(現在の熊本県立宇土中学校・高等学校)から関西大学に進学した[5]

1936年ベルリンオリンピックでは日本代表に選ばれ、走幅跳で出場。記録は6.18mで[1]、予選を突破できなかった。

1937年(昭和12年)1月から5月にかけ、村社講平(中央大学)とともにニュージーランドに遠征[6]クライストチャーチにおいて三段跳で15m58を記録した(当時のニュージーランド記録を越える記録)[6]。帰国後の5月23日[7]、京関・早慶対抗戦(京都大学・関西大学連合 対 早稲田大学・慶応大学連合の東西対抗戦)において、三段跳で15m86を記録。これは当時の世界記録を上回るものであった[6](ただし、公認記録とはなっていない)。

日中戦争中、歩兵第13連隊(熊本)で中国大陸に出征。その後戦争の拡大とともに転戦し、ソロモン諸島に至った[8]

熊本県陸上競技選手権大会(熊本陸上競技協会・熊本日日新聞主催)では、跳躍の最優秀者に「戸上研之杯」が授与されている。

参照資料[編集]

  1. ^ a b c Japanese Delegation of Athletics Team : Rio de Janeiro 2016 (PDF) 」、日本陸上連盟、2016年、2019年10月10日閲覧。
  2. ^ a b KANEYUKI TOGAMI”. IOC. 2019年10月10日閲覧。
  3. ^ a b "Kenshi Togami Olympic Results". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. Retrieved 12 December 2017.
  4. ^ 市政のここが聞きたい! オリンピック・パラリンピックについて (PDF) 」 『やまが市議会だより』第16巻、2018年2月、 9頁、2019年10月10日閲覧。
  5. ^ 第19回 「谷口睦生」記念陸上記録会 開催要項”. 2019年10月10日閲覧。
  6. ^ a b c 陸上部戸上研之”. 関西大学年史編纂室. 2019年10月10日閲覧。
  7. ^ スポーツ史 大正~昭和前期”. 関西大学年史編纂室. 2019年10月10日閲覧。
  8. ^ 戦場 戸上研之”. aucfan. 2019年10月10日閲覧。