愛らしき口もと目は緑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛らしき口もと目は緑
Pretty Mouth and Green My Eyes
作者 J・D・サリンジャー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ジャンル 短編小説
初出情報
初出ザ・ニューヨーカー
1951年7月14日
出版元 コンデナスト社
刊本情報
収録ナイン・ストーリーズ
出版元 リトル・ブラウン社
出版年月日 1953年
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ポータル 書物
テンプレートを表示

愛らしき口もと目は緑」(あいらしきくちもと めはみどり、原題: Pretty Mouth and Green My Eyes)は、J・D・サリンジャーの短編小説。『ザ・ニューヨーカー1951年7月14日号に掲載された。短編集『ナイン・ストーリーズ』(1953年)の7番目に収められている。短めの会話劇だが、終盤では「女」とジョーニーが同一人物であるというどんでん返しの可能性が示唆されている[1]

あらすじ[編集]

銀髪の男リーと青い目の若い女が部屋で電話のベルを聞いている。リーが電話に出ると相手は友人のアーサーで、妻のジョーニーの居場所を訊ねる。アーサーは妻の浮気を疑っており、酔って興奮している。アーサーは妻にはうんざりしていると語り、かつて彼女に詩を送ったことを自嘲的に話す。

ひょいとこの、思い出しちまうんだなあ――きまりの悪い話だけどさ――二人でデートし始めたころに、おれがあいつに書いて送った詩のことを、ふと考えたりしちまうんだよ。『肌白く薔薇色の頬。愛らしき口もと目は緑』全くどうも決まりの悪い話だけどさ――昔はこの詩を読むといつもあいつのことが思い浮かんだんだ。あいつの目は緑じゃない――海の貝殻みたいな目だよ、あいつのは――なのに、とにかくあいつのことが思い浮かぶんだ。

電話が切れると女は興奮した様子を見せる。するとまたアーサーから電話がかかってくる。アーサーはジョーニーがいま帰ってきたと言うのを聞いて、リーは驚く[1]

主な日本語訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 作中で明言はされていないが、「女」がジョーニーである可能性もある。その場合、ジョーニーはリーの隣にいるのに、「帰ってきた」と述べるアーサーは錯乱状態にあると考えられる。