思春期 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
思春期
THE BOOMスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント
プロデュース THE BOOM
チャート最高順位
THE BOOM 年表
D.E.M.O.
(1991年)
思春期
1992年
THE BOOM
1992年
『思春期』収録のシングル
テンプレートを表示

思春期』(ししゅんき、Puberty)は、日本ロックバンドTHE BOOMが発表した4枚目のオリジナル・アルバム。1992年1月22日発売。

前作『JAPANESKA』で触れた沖縄音楽をさらに昇華させ、のちの彼らの代表曲となる「島唄」が世に出ることとなった記念すべきアルバムでもある。

なお、後にシングルとして発売される「島唄 (オリジナル・ヴァージョン)」は1992年発売のベストアルバム『THE BOOM』に収録されたリミックスバージョンであり、ここで収録されているものとは別のバージョンである。

収録された10曲のうち、1曲(「憂鬱なファーブル」)はベーシストの山川が歌っている(これまではすべての楽曲のボーカルを宮沢がとっていた)。

なお、沖縄方言で歌われた「島唄(ウチナーグチ・ヴァージョン)」はこの年の春にレコーディングされ、12月に沖縄限定で発売されヒットした。

このアルバムは2005年8月3日に、デジタル・リマスタリングされ再発売された。ボーナス・トラックとして「島唄(ウチナーグチ・ヴァージョン)」が収録されている。

収録曲[編集]

  1. 思春期
  2. 子供らに花束を
  3. ひのもとのうた
  4. みちづれ
  5. きょうきのばらあど
  6. 星を数えているうちに
  7. 憂鬱なファーブル
  8. そばにいたい
  9. 島唄 ※オリジナル~の表記はない
  10. サラバ
  11. 島唄(ウチナーグチ・ヴァージョン) ※ボーナス・トラック(2005年再発売版のみ収録)

ツアー[編集]

このアルバムと連動した全国ツアー「SPECIAL」はアルバム発売直後の1月31日から7月6日まで行われた。前年の6月から行われてきた「出前ツアー」を1992年1月初旬に終えたばかりであったが、グループはすぐにこのツアーを開始した。ライブ開始前の会場にはが焚かれ、民族音楽が流れていた。当時のBOOMがアジア(およびアジア音楽)に関心を持っていたことがうかがえる演出である。

外部リンク[編集]