徳田秀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とくだ ひでこ
徳田 秀子
生誕 1939年1月 (78歳)
日本の旗 日本 大阪府大阪市
出身校 近畿大学薬学部
職業 病院理事、薬剤師
配偶者 徳田虎雄(医師、衆議院議員)
子供 徳田毅(元・衆議院議員)ほか、計7名

徳田 秀子(とくだ ひでこ、1939年1月 - )は、日本薬剤師徳洲会創設者徳田虎雄の妻。

大阪市生まれ、鹿児島県徳之島町出身。医療法人徳洲会副理事長、社会福祉法人愛心会理事長、社会福祉法人秀心会理事長を歴任した。

人物[編集]

鹿児島県徳之島町出身(生まれは大阪府大阪市だが、第二次大戦後に両親の出身地である徳之島に移住)。鹿児島県立徳之島高等学校卒業後、鹿児島銀行徳之島支店に勤務する。

1歳年上の幼馴染である徳田虎雄とは、徳田が阪大医学部生だった折に結婚[1]。上阪。苦学の末近畿大学薬学部に入学する。卒業後、薬剤師として徳州会グループの各病院で勤務。1975年、医療法人徳洲会理事に就任する。

子女は、2男5女。政治家となった次男の徳田毅を除き、残りの子女はすべて医療職に就いている。

医療法人徳洲会副理事長、有限会社ソフィア・インターナショナル代表、社会福祉法人愛心会理事長、社会福祉法人秀心会理事長、社会福祉法人徳之島愛心会理事長、社会福祉法人長崎愛心会理事長、公益財団法人徳洲会国際奨学財団理事長、特定非営利活動法人ひまわり・ネットワーク理事長などを歴任していたが、徳洲会事件有罪判決を言い渡されたこともあり[2]、役職を降りたものもある。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『トラオ 徳田虎雄 不随の病院王』 P112
  2. ^ “徳洲会事件、徳田前議員母に有罪 「積極的に関与」”. 共同通信. (2014年3月28日). http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032801002284.html 2014年4月11日閲覧。 

外部リンク[編集]